内幕とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 事情 > 内幕の意味・解説 

うち‐まく【内幕】

読み方:うちまく

内側に張る幕。特に、陣所外幕(とまく)の内側に張った幕。半幕小幕(こまく)。

外からは見えない内輪事情内情内実。「政界の―を暴く」「―をさらけ出す

「内幕」に似た言葉

ない‐まく【内幕】

読み方:ないまく

外部には知られていない内部事情うちまく。「―を暴露する


内幕

読み方:うちまく

  1. 内部事情のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

内幕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 06:28 UTC 版)

普仏戦争におけるベルギー」の記事における「内幕」の解説

この点、1839年ロンドン条約ベルギー中立イギリス保障していた。この大英帝国は、ロスチャイルド台頭してから普仏戦争の手前にかけてハプスブルク帝国との緊張緩和してきた。イングランド国教会自制するようになったのであるイギリス1829年カトリック教解放法を成立させ、また1867年カナダ自治領成立させた。一方ハプスブルク数隻海軍で世界外交展開してきたが、おかげで1869年アイルランド国教廃止法が成立し(アイルランド聖公会を参照)、カトリック自制する国際秩序生まれたこのように対英協調路線をとるハプスブルクは、1865年ベルギーにおいてラテン通貨同盟加盟しフランスへ接近していった。翌年起こった普墺戦争では、まずハプスブルク本体であるオーストリアプロイセン負けてフランスイタリア統一運動をめぐりオーストリア協調する機会を失った。しかしドイツ関税同盟放置することはできなかった。 レオポルド2世ベルギー交戦しているとの印象与えないよう、フランスフランス外人部隊ベルギー人兵士戦闘参加させないよう要請したフランス同意し外人部隊前線出撃させたときもベルギー人兵士フランス領アルジェリアに留まった。しかし、この決定外人部隊ベルギー人以外の兵士激怒させ、外人部隊行進曲ル・ブーダン(英語版)で"Ce sont des tireurs au cul."(フランス語で「奴らまぬけな射手だ」といった意味)が繰り返して歌われる、という不名誉な結果もたらした

※この「内幕」の解説は、「普仏戦争におけるベルギー」の解説の一部です。
「内幕」を含む「普仏戦争におけるベルギー」の記事については、「普仏戦争におけるベルギー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「内幕」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

内幕

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:55 UTC 版)

名詞

 うちまく / ないまく

  1. うちまく陣地外幕とまく内側張った幕。
  2. うちまくないまく語義1より転じて、外から見えない内部事情

発音(?)

う↗ちまく
な↗いまく

関連語

語義1)

語義2)

翻訳

語義2)


「内幕」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



内幕と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内幕」の関連用語

内幕のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



内幕のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの普仏戦争におけるベルギー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの内幕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS