八段堰堤とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 歴史的砂防施設 > 八段堰堤の意味・解説 

八段堰堤

名称: 八段堰堤
ふりがな はちだんえんてい
登録番号 14 - 0087
員数(数): 1
員数(単位):
構造 重力コンクリート堰堤、堤長37m、堤高11m
時代区分 昭和
年代 昭和3
代表都道府県 神奈川県
所在地 神奈川県伊勢原市大山
登録基準 国土歴史的景観寄与しているもの
備考(調査): 内務省直轄花水川流域砂防工事一環として建設
施工者:
解説文: 金目川水系南沢に築かれる。凝灰岩質の岩盤基礎として築かれた堤長37m,堤高11m,下流勾配2分,上流勾配分の大規模重力式練積堰堤堤体表面に谷積を施し正面立面をほぼ左右対称とする。金目川水源近くに配された,渓流砂防基幹施設


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「八段堰堤」の関連用語

八段堰堤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



八段堰堤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2019 MLIT Japan. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS