ラガー・ワゴンとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ラガー・ワゴンの意味・解説 

ラガー・ワゴン

英語 Rugger wagon

ラガーは英語でラグビー選手のこと。ラガールーツは、キャンバストップ小さジープ型・1Lエンジン搭載4WDタフト(1974年8月発売)にあった。このクルマ1984年5月ラガーと名を変えた。がまだ商用タイプで、85年9月になってターボディーゼル仕様ベース乗用車タイプになった。フルファブリックのシートはフルフラットにでき、リヤはリクライニングした。エンジン直4OHV・2.8Lディーゼルターボで91ps。ミッションは5速MT+2速副変速機付きパートタイム4WD車だった。ホイールベースは2205(ハードトップ)と2530mm(レジントップ)があり、ともに2ドアタイプ。グレードハードトップGL、レジントップGL、同ELなどがあった。

タフトラガーも、トヨタとの共同開発車で、トヨタでは一貫してブリザードの名称を通した。

86年8月マイナーチェンジ2WD4WD切り替えダッシュボード上のボタンで行うパワーシフト変更し、ウインドシールドの合わせガラス化、後席中央シートベルト採用などを行った。機械ウインチ装着車もあった。

87年9月マイナーチェンジ角形ヘッドランプ(一部黄色ハロゲン)を採用し、バンパー大型化したほか、ラジエーターグリルのデザイン変更した。インテリアではシート改良があった。エンジンターボや動弁系の改善によって出力を向上した。

88年10月ブロンズガラス内装大型ドアアームレストなどを採用したマイナーチェンジ実施

89年10月一部改良行い新しい車種プリオールレジントップ、ハードトップの2タイプ追加した。めっきバンパー、ワイドフェンダー、ハロゲン(黄色)ヘッドランプ、カラードミラー、ストライプなどが新車型の証。インテリアではフロントバケットシート(フルファブリックでランバーサポート付き)、チルト付きパワーステアリングパワーウインドウ、パワードアロックなどを装備していた。プリオールは、より優れているという意味の英語。

90年11月マイナーチェンジ。ディーゼルターボエンジンはインタークーラー付け、115psにパワーアップした。ワゴンではリヤに3点式シートベルト採用、レジントップではリヤのロールバー標準装備とした。プリオールでは、自動ロッキングハブとAM/FMラジオなどを標準化エクステリアではラジエーターグリルのデザイン変更大型バンパー付きEXモデル設定した。

93年4月サスペンション全面変更した。従来前後ともりーフ・リジッドだったが、フロントダブルウィッシュボーントーションバーに、リヤは5リンク、コイル改めて、操安性・乗り心地改善した。トレッドフロント110mm、リヤ130mm広げ、全幅オーバーフェンダーにより110mm広くなって、一部車型では3ナンバー車となった。そのほかバンパー大型化、フロントおよびリヤのデザイン変更インテリアではインスツルメントパネルシート形状新しくした。フレーム新設計で、ブレーキ性能向上と合わせて衝突安全性が向上した。しかし、97年4月国内向け仕様生産停止した。

ラガー・ワゴン

ラガー・ワゴン_2

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ラガー・ワゴンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラガー・ワゴンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS