ラインストーンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > ラインストーン > ラインストーンの意味・解説 

ラインストーン【rhinestone】

rhineライン川の意》光度の高い鉛ガラスで作った人工宝石金属片。服や靴などのアクセサリーアクセントに使われる。

[補説] 元来は、ドイツライン川で採掘された水晶から切り取っ宝石の原石をさした。


ネイルストーン(ラインストーン)

ネイルアートに用いるキラキラとした石のこと。さまざまな色があり、トップコートで簡単につけられるのでアマチュアでも簡単にネイルアート楽しめる。=ラインストーン

ラインストーン

ラインストーンラインストーンガラス製の模造宝石のことで、多面体カッティングしたガラスフォイルバック反射を増すために裏に金属薄膜融着すること)を施したものを指す場合が多い。
つめのないもの(左)とつめ付きのもの(右)がありますが、つめ付きタイプのものは服飾縫付などに使用されるために穴が十字などに通っており、これを活かした使い方をするとアクセサリーデザインの幅も広がります。

名称の由来には諸説ありますが、そのひとつとしてフランスライン川河岸ストラスブールで作られたことから、Caillou du Rhinライン川小石)と呼ばれていたもの英訳された言葉と言われています。
関連用語:空枠フォイルバックセッティング

ラインストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/31 01:29 UTC 版)

ラインストーン(rhinestone)は、ファセット・カットされた水晶ガラスまたはアクリル樹脂製のダイヤモンド類似石を指す。模造宝石の一種で、今日では裏面に金属真空蒸着したものが一般的である。なお宝石の模造技法としてはフォイルバックという。




「ラインストーン」の続きの解説一覧



ラインストーンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラインストーン」の関連用語

ラインストーンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラインストーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
スターネイル・ジャパンスターネイル・ジャパン
Copyright (C) 2020 STAR NAIL JAPAN . All Rights Reserved.
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2020 BOW All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラインストーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS