ユコスとは? わかりやすく解説

ユコス

読み方: ゆこす
【英】: yukos

ロシア民間石油企業一つ
上流部門から下部門まで一貫操業行ない生産子会社3社、精製子会社8社、販売子会社16社を保有する
2005年における同社原油生産量は2,451トン国内シェア5.1%)、精製能力105B/D(5,250トン/年)であった銀行新興財閥メナテップが国内中小石企業買収合併して企業規模拡大し短期収益志向石油企業一つといわれた。
同社欧米進んだ探鉱・生産技術やマネジメントスキルを積極的に導入する一方1998年ルーブル切り下げ1999年以降ルーブル安、国際油価高騰背景潤沢な資金投資振り向けることができ、1999年から2003年にかけて年率12.5%の大幅増産を達成した。しかし、2003年10月にユコス前社長ホドルコフスキー逮捕拘留されたのを皮切りにロシア政府によって多額の追徴課税罰金請求ならびにユコス主力資産凍結が行なわれた。さらに2004年12月ロシア政府はユコスの原油生産量3分の2生産する「ユガンスクネフチェガス」を競争入札にかけ、最終的には国営石油企業ロスネフチ傘下に収めた。この一連の事件によって、ユコスは主力資産失いロシア石油業界におけるプレゼンス著しく低下させただけでなく、ロシア石油産業投資環境不透明であることを世界印象付けることとなった

栗田2007年3月

ユコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/21 03:39 UTC 版)

ユコス石油会社: ОАО НК ЮКОС: Yukos)は、ロシアに存在した石油会社。2006年8月1日に裁判所によって破産宣告された。経営にクレディ・リヨネ副頭取のコシューシコが参加、シュルンベルジェ幹部のミシェル・スーブランも重役であった[1]


  1. ^ 広瀬隆 『世界金融戦争 謀略うずまくウォール街』 NHK出版 2002年 279頁
  2. ^ 広瀬隆 『一本の鎖』 ダイヤモンド社 2004年 P 167
  3. ^ 広瀬隆 『一本の鎖』 ダイヤモンド社 2004年 P 165
  4. ^ ロシア内務省に証拠文書を送付したエレーナ・コロング=ポポーワというフランス人女性は、後日に次のような告白をした。すなわち、ユコスの金融担当副社長だったアレクセイ・ゴルボヴィッチの指示に従って、1996年から2000年にかけて、セイシェルヴァージン諸島キプロスなどに秘密口座を開設し、それらを通じて毎年4億ユーロの取引を行ったという。 広瀬隆 『一本の鎖』 ダイヤモンド社 2004年 P 169
  5. ^ ロスネフチを世界最大に押し上げた中国パワー”. 日本ビジネスプレス (2013年8月29日). 2016年5月16日閲覧。
  6. ^ ロシアNOW ユコス元株主の訴訟の影響は 2014年7月31日
  7. ^ 産経ニュース 露政府に5兆円支払命令 ユコス破綻めぐり 2014.7.28 21:43
  8. ^ Bloomberg.co.jp ロシアに500億ドル支払い命令、ユコス問題で-常設仲裁裁判所 ロシア政府側の上訴方針 2014/07/29 02:47


「ユコス」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ユコスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユコスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユコス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS