こころづくしとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > こころづくしの意味・解説 

心づくし

読み方:こころづくし
別表記:心尽くし心尽し

できる限りのことを行ったさま。精魂をこめたもの。料理催しなどで用いることが多い。

こころ‐づくし【心尽(く)し】

真心込めてすること。好意こもっていること。「心尽くしの手料理

あれこれ考え気をもむこと。

「何にかく—なることを思ひそめけむ」〈源・明石〉


こころづくし【ココロヅクシ】(野菜)

登録番号 第4115号
登録年月日 1994年 11月 22日
農林水産植物の種類 大豆
登録品種の名称及びその読み こころづくし
 よみ:ココロヅクシ
品種登録の有効期限 15 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 三井化学株式会社
品種登録者の住所 東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
登録品種の育成をした者の氏名 新井直哉
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は「味一番」から放射線利用した突然変異育種法により育成された品種 で,白毛着莢密度密な早生えだまめ用品種である。 胚軸の色は緑,小葉の形は円葉,数は3枚葉花色は白,毛じの多少は中,形は直, 堅さは軟,色は白である。主茎長短,主茎節数は極少,伸育型は有限開花期は 早,成熟型は早の晩,生態型は夏大豆である。若の色は緑,長さ及び幅は中,熟 の色は淡褐,着莢密度は密,多粒率は高,湯煮ブランチング)後の色は緑, 粒の大小は中の大,種皮の色は緑,粒の子葉色は黄,粒形は球,臍の色は淡褐である。  「サッポロミドリ」と比較して,毛じが軟らかいこと,粒の大小小さいこと等で, 「ユキムスメ」と比較して,開花期早いこと,成熟型が早の晩であること,多粒 率が高いこと,粒の大小小さいこと,臍の色が淡褐であること等で区別性が認めら れる
登録品種の育成経過概要
この品種は,昭和61年東京都アイソトープ総合研究所東京都世田谷区)に おいて,「味一番」(原育種育成)の種子コバルト60線源としたガンマー線 照射照射線量:15KR)を行いその後出願者の付属農場昭和61年平成元 年神奈川県茅ヶ崎市2年3年千葉県茂原市)において選抜固定重ね平成 3年,処理9代で目標とした特性を有することを確認して育成完了したものである。   なお,出願時の名称は「三兄弟」であった。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「こころづくし」の関連用語

こころづくしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



こころづくしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2021 GRAS Group, Inc.RSS