M1000とは?

FOMA M1000

FOMA M1000
FOMA M1000

機能一覧

サイズ 高さ 117mm x 幅 59.5mm x 厚さ 21.5mm
連続待受時間注意1
静止時/移動時)
200時間/約 110時間注意7
連続通話時間注意2
音声通話時)
120
ディスプレイ種類注意3 TFT
ディスプレイサイズ 約 2.9インチ
ディスプレイ最大同時発色 65,536
ディスプレイ解像度ドット数) 208×320
和音 16和音注意8
電話帳最大登録件数
電話帳1件に登録できる電話番号メールアドレス
対応注意9
(3件/3件)注意10
iモード iアプリ最大保存件数 未対応
画面メモ最大保存件数 未対応
メール 最大保存件数注意4
送信メール受信メール
対応注意9
メールフォルダ 対応注意9(自動)
ミュージックプレーヤー ミュージックプレーヤー 対応MP3注意11AACWMA
バックグラウンド再生 対応注意12
着信音 メロディ・パターン 13曲+16種類
iメロディ 未対応
その他 外部メモリー対応注意5注意6
最大容量
TransFlashTM注意13 256MB(同梱:32MB)/microSD 256MB
FOMAプラスエリア 未対応
赤外線通信対応 未対応
バーコードリーダー 未対応
音声認識 未対応
通話料金上限通知 未対応
遠隔ロック 未対応
自動時刻補正機能 未対応

カメラ機能一覧

撮像素子注意14
アウト外側メインイン内側サブ
CMOSCMOS
カメラ有効画素数
アウト外側メインイン内側サブ
131万画素/31万画
記録画素数
アウト外側メインイン内側サブ
122万画素/30万画
接写 未対応
フォトライト 未対応
動画 動画記録サイズ 176×144
動画ファイル形式 MP4
動画録画時間注意15注意16
本体外部メモリー16MB)
300秒/約300注意18
フレームレート 最大15fps
画質 1種
オートフォーカス 未対応
デジタルズーム 最大4倍(3段階
切り出し 未対応
テロップ
アフレコ
未対応
静止画 静止画記録サイズ
ファイル形式JPEG
160×120
320×240
640×480
1280×960
静止画記録枚数注意17 約805注意19注意20
フォルダ 対応注意20
連続撮影 未対応
フレーム付き撮影 対応
画質 3種
オートフォーカス 未対応
デジタルズーム 最大4倍(3段階
サムネイル 9面(3×3

M1000

M1000とは、モトローラ社がNTTドコモ携帯電話サービス向けに提供した携帯端末の名称である。ビジネス用途特化されたサービスビジネスFOMA」として提供される製品であり、携帯電話というよりPDAに近い外観機能備えていることを特徴とする。

本体前面には数字キー搭載されておらず、約2.9インチTFT液晶ディスプレィ表面積大半占めている。操作方法タッチパネルスタイラスペンによる入力採用されており、文字入力ソフトウェアキーボード、が手書き入力によって行われる日本語の手書き文字入力するためのアプリケーションとしては「デクマジャパニーズ」(Decuma Japanese)がインストールされている。

M1000の大きな特徴ひとつとしてフルブラウザOpera 7.5」を搭載している点が挙げられる。これによってパソコン向けのWebサイト閲覧できる。また、POP3IMAP4に対応したメールソフトメーラー)も内蔵しており、同じくパソコン向けの電子メールサービスを直接に行うことができる。加えて通常のFOMA通信機能の他にも無線LANIEEE 802.11b)に対応しており、無線LAN利用可能である場所(自宅職場ホットスポット)ではパケット通信料をかけずにデータ通信を行うことができる。

M1000M1000

また、M1000に搭載された「ドキュメントビューア」などのアプリケーションによって、WordExcelPDFなどで作成されたファイルを開くことも可能である。PIM機能Outlookとのデータ同期が可能である。マルチタスク処理が備わったことで、画面上のボタン表示から操作したいアプリケーション選択するだけで実行中の処理が切り替えられる。

ただしM1000は、パソコンインターネット電子メール使用できる反面iモードおよび iモードメール利用することができないまた、タッチパネル式の操作法は両手を用いないと行なうことが難しい。また端末サイズの他の一般携帯電話より高額で、本体サイズ大きめであるという難点もある。




※画像提供 / NTTドコモ
参照リンク
FOMA M1000
FOMA M1000活用サイト
モバイル端末のほかの用語一覧
PDA:  iPAQ  ガリレオ  クレイドル  M1000  MID  MOREソフト  Palm OS

M1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/24 16:44 UTC 版)

FOMA M1000(フォーマ・エム せん)は、モトローラによって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。






「M1000」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

M1000に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「M1000」の関連用語

M1000のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series P-08A

TOUCH WOOD

AQUOS PAD SH-06F

FOMA P906i

docomo STYLE series L-04A

WT310/C

Optimus chat

docomo PRIME series N-07A





M1000のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
NTTドコモNTTドコモ
© 2016 NTT DOCOMO, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリM1000の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのM1000 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS