相補型金属酸化膜半導体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > 半導体 > 相補型金属酸化膜半導体の意味・解説 

CMOS

フルスペル:complementary metal oxide semiconductor, complementary mos
読み方シーモス
別名:相補型MOS,相補型金属酸化膜半導体

CMOSとは、半導体一種であるMOS改良した半導体である。1つ半導体に、N型P型両方MOSを使った回路で、N型P型補い合うように接続された集積回路であるため、相補型金属酸化膜半導体とも言われる

CMOS回路部品消費電力少ないことを特徴としている。例えデジタルスチルカメラ携帯電話のような、小型機器によく用いられる。また、メモリCPUにも用いられている。

デジタルスチルカメラにおいてはCMOSイメージセンサーとして利用されている。これは光によって電荷発生するダイオードから電気入力得て、光の強さ認識するものであるCCDと同じ働きをするが、CMOSの方が低消費電力小型化向いている。






相補型金属酸化膜半導体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「相補型金属酸化膜半導体」の関連用語

相補型金属酸化膜半導体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

REGZA Phone T-01D

Lui

Wedge Touch Mouse

ガチャッポイド

Microsoft SideWinder Mouse

L-06D JOJO

Microsoft Visio

Xeon 5500





相補型金属酸化膜半導体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCMOSの記事を利用しております。

©2016 Weblio RSS