complementary metal-oxide semiconductorとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > complementary metal-oxide semiconductorの意味・解説 

CMOS

フルスペル:complementary metal oxide semiconductor, complementary mos
読み方シーモス
別名:相補型MOS相補型金属酸化膜半導体

CMOSとは、半導体一種であるMOS改良した半導体である。1つ半導体に、N型P型両方MOSを使った回路で、N型P型補い合うように接続された集積回路であるため、相補型金属酸化膜半導体とも言われる

CMOS回路部品消費電力少ないことを特徴としている。例えデジタルスチルカメラ携帯電話のような、小型機器によく用いられる。また、メモリCPUにも用いられている。

デジタルスチルカメラにおいてはCMOSイメージセンサーとして利用されている。これは光によって電荷発生するダイオードから電気入力得て、光の強さ認識するものであるCCDと同じ働きをするが、CMOSの方が低消費電力小型化向いている。


CMOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/18 14:58 UTC 版)

(complementary metal-oxide semiconductor から転送)

CMOS(シーモス、Complementary MOS; 相補型MOS)とは、MOSFET(金属酸化膜半導体電界効果トランジスタ)を相補形に配置したゲート構造のこと。デジタル回路に用いられる。そこから派生し多義的に多くの用例が観られる(『#その他の用例』参照)。






「CMOS」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

complementary metal-oxide semiconductorに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「complementary metal-oxide semiconductor」の関連用語

complementary metal-oxide semiconductorのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

メガドライブ

アークスライド

AQUOS PHONE si SH-01E

ブロードバンドルータ

第3世代iPad

ペットフィット

Modbook

ネットブック





complementary metal-oxide semiconductorのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCMOSの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCMOS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS