iモードとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > iモードの意味・解説 

iモード(あいもーど)

NTTドコモ携帯電話利用できるインターネット接続サービス

iモード対応の携帯電話を使うと、iモード用に作成されたホームページ閲覧できる。iモード用のホームページは文字情報中心として、ニュース配信天気予報株価情報から占いBBSなどのエンターテイメント系まで数多く公開されている。もちろん、個人でもiモード用のホームページ作成公開が可能である。

金融機関への残高照会振込みなども携帯電話を使って行うことができる。その他、インターネット媒介して最大250文字までの電子メール送受信することも可能である。

利用料金は、時間従量制ではなくダウンロードしたデータ量に応じて課金するパケット課金方式採用している。

iモードは、1999年2月サービス開始から1年間でおよそ450万人2年間で1980万人利用者加入した。

しかし、加入者の急増により通信容量が対応できなくなり、インターネット接続できなくなるといったトラブル発生したこともある。NTTドコモでは、販売台数抑制しつつ通信局の増設を行うなどの対策行い、対応に追われた。

なお、iモード以外の携帯電話インターネット接続サービスには、J-PHONEJ-スカイウェブauEZweb などがあり、今後これら携帯端末からのインターネット利用増加していくものと考えられている。

(2000.02.06更新


i-mode

読み方アイモード
別名:iモード

i-modeとは、NTTドコモ提供する携帯電話によるインターネット接続サービスの名称である。

i-modeは1999年2月サービス開始し、順調に加入者を増やしていった。「公式サイト課金」というビジネスモデルベースに、携帯電話業界発展大きく寄与し、「携帯ネットに繋ぐ」という日本独自の携帯電話文化立役者となった。

i-modeの「i」は、interactiveインタラクティブ)やinternetインターネット)、i(私)などの意味が込められているとされるちなみに905iなど機種名の末尾付与されている「i」iモード対応端末であることを意味している。

コンテンツ記述言語HTMLサブセットであるCompact HTML適用したことでコンテンツ充実を生み出した。


参照リンク
iモード - (NTTドコモ
通信キャリアのほかの用語一覧
NTTドコモ:  フォトコレクション  フォトパネル  プレミアム4G  i-mode  iモードFeliCa  iショット  iD

iモード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/14 12:51 UTC 版)

iモードi-mode(アイモード)は、NTTドコモ(以下、ドコモ)の対応携帯電話フィーチャー・フォン)にてキャリアメールiモードメール)の送受信やウェブページ閲覧などができる世界初の携帯電話IP接続サービスである。






「iモード」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

iモードに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「iモード」の関連用語

iモードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iPad Pro

ダブルミニュート

GALAXY Note II SC-02E

Kindle Touch

らくらくホン8

Galaxy S7

マイクロフォーサーズシステム

ウォークマンA





iモードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2016 時事用語のABC All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリi-modeの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのiモード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS