フィーチャーフォンとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > フィーチャーフォンの意味・解説 

フィーチャーフォン

【英】feature phone

フィーチャーフォンとは、携帯電話端末のうち、通話機能機能主体としつつ、加えてメガピクセルカメラ近距離無線通信といった高度で特徴的機能搭載している端末のことである。

フィーチャーフォンの語は、主に「ベーシックフォン」や「スマートフォン」などの区分との対比で用いられる。ベーシックフォンは、おおむね通話機能の他にアドレス帳ショートメッセージサービスSMS程度機能のみ持ったシンプル端末を指す。スマートフォンは、PCに近い汎用性持ち通話と共に多くの高度な情報処理が可能な端末である。フィーチャーフォンは特定の機能いくつか搭載している点において汎用でも単機能でもなく、いわばその中間位置する区分であるといえる

フィーチャーフォンの「フィーチャー」(feature)は、「特色」や「主要な点」「特徴とする」などの意味を持つ英語である。この「特色」となり得る機能としては、例えワンセグおサイフケータイFelica)、メガピクセルカメラGPS赤外線通信Bluetoothフルブラウザなどがある。こうした機能複数搭載されることも珍しくない。あるいは、生体認証指紋認証機能搭載したものや、アメリカ国防総省調達規格にかなう水準防水防塵耐衝撃性能を持つ端末もある。

日本の携帯電話端末メーカー多く大手電機メーカー親会社に持っており、その親会社先端技術ブランド特色として盛り込んだフィーチャーフォンも多い。代表的例のひとつとしてシャープ液晶テレビ技術投入された「AQUOSケータイ」がある。他にも「VIERA」「BRAVIA」「Wooo」「EXILIM」「サイバーショット」「ウォークマン」などの家電ブランド冠したフィーチャーフォンがある。

フィーチャーフォンはベーシックフォン機能加える形で発展したものであり、端末設計観点からいえばスマートフォンよりはむしろベーシックフォンに近いといえる他方多彩な機能盛り込まれたハイスペックなフィーチャーフォンは、操作利用する限りにおいてはスマートフォン近接している印象ユーザー与える。

日本メーカー携帯電話端末対す評価として、端末機能はたいへん高度に進化しているが、あまりに独特な進化遂げたため、かえって世界端末市場では通用しにくくなっているとする見解がある。このさまを揶揄して、いわゆるガラケー」(ガラパゴスケータイ)という呼び名が用いられることがある一般的にガラケーといって念頭に置かれる端末の姿は、高度に進化したフィーチャーフォンである。

モバイルのほかの用語一覧
モバイル端末:  ホーム画面  ホームアプリ  ほぼスマホ  フィーチャーフォン  ファブレット  ガラホ  ガラケー

フィーチャー・フォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/30 03:56 UTC 版)

フィーチャー・フォン(feature phone)は、携帯電話の端末のうち、一定の機能を有する端末に対する通称である。




「フィーチャー・フォン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

フィーチャーフォンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フィーチャーフォン」の関連用語

フィーチャーフォンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レグザタブレットAT300

JustPix for Apache

Sony Tablet S

Xperia ion

AQUOS PHONE EX SH-02F

iPhone

レグザG9シリーズ

Wii





フィーチャーフォンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフィーチャーフォンの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィーチャー・フォン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS