ガラケーとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ガラケーの意味・解説 

ガラケー

別名:ガラパゴス携帯ガラパゴスケータイ

ガラケーとは、いわゆるガラパゴス化」した日本の携帯電話端末通称である。

ガラケーはもっぱら国内メーカーによって製造され、国内携帯電話市場販売される。総じて傑出した機能性能持っているが、あまりに独特で世界標準からはずれており、却って海外市場進出できず、日本市場孤立して存在している状況となっている。こうした状況背景に、半ば揶揄込めて「ガラケー」の呼び名が用いられている。

ガラケーの語は、スマートフォンとの対比において「旧来の携帯電話端末」といった意味で用いられることも多い。ここでガラケーと呼ばれているものは、「フィーチャーフォン」の概念とほぼ一致する。フィーチャーフォンとは、通話機能の他に何らかの高度な付加機能搭載している携帯電話端末一般的な呼び名である。

ガラケーを特徴づける機能としては、ワンセグFeliCaおサイフケータイ)、メガピクセルカメラ生体認証指紋認証)、赤外線通信Bluetooth、といった機能が挙げられることが多い。最近では、こうしたガラケーの機能スマートフォン搭載されるケースも増えつつある。ガラケーの機能盛り込まれたスマートフォン端末は「ガラスマ」と呼ばれる場合がある。


フィーチャー・フォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/23 13:42 UTC 版)

(ガラケー から転送)

フィーチャー・フォンfeature phone)は、携帯電話の端末のうち、一定の機能を有する端末に対する通称である。


  1. ^ R. JAI KRISHNA (2014年8月23日). “Firefox格安スマホ、来週インドで発売”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203403704580107663971451720 2014年8月23日閲覧。 
  2. ^ dumb”とは「データの送受信と表示のみ可能な端末(データの処理や保存・転送といった高度な機能はない)」を意味するコンピューター用語からきた呼称である。
  3. ^ Feature Phone”. www.phonescoop.com. 2011年9月4日閲覧。
  4. ^ 大和 哲 (2010年3月9日). “第458回:フィーチャーフォン とは”. ケータイWatch. 2011年9月4日閲覧。
  5. ^ MOBILE MAJORITY: U.S. SMARTPHONE OWNERSHIP TOPS 60%”. The Nielsen Company (2013年6月6日). 2013年10月14日閲覧。
  6. ^ 携帯電話に係る端末価格と通信料金の区分の明確化に関する携帯電話事業者等への要請”. 総務省 (2007年9月21日). 2011年10月5日閲覧。
  7. ^ 2010年度通期国内携帯電話端末出荷概況”. (株)MM総研 [ 東京・港 ] (2011年5月11日). 2011年9月27日閲覧。
  8. ^ シェア60% -ガラケー、バカにされても根強い人気”. President Online (2013年2月27日). 2013年6月29日閲覧。


「フィーチャー・フォン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ガラケー」の関連用語

ガラケーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ガラケーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリガラケーの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィーチャー・フォン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS