赤外線通信とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 通信 > 赤外線通信の意味・解説 

赤外線通信

読み方せきがいせんつうしん
【英】infrared transmission

赤外線通信とは、電磁波一種である赤外線利用して実現される無線データ通信のことである。

赤外線は、可視光線赤色光よりも波長長く電波よりは短いという特徴持っている。赤外線通信を行うためには、基本的に赤外線送信部を機器受信部向けて遮蔽物の無い状態で操作する必要があるテレビエアコンビデオなどのリモコンや、携帯電話間のデータ通信などで多く利用されている。

赤外線リモコンは、異なメーカー間に共通する規格はなく、互換性がないが、通信速度3001200ビット/秒程度赤外線ビーム広がり5度以下、通信距離は5~10m程度であることが多い。

ノートパソコン携帯機器向けの赤外線通信規格としては、標準化団体によって定められたIrDAInfrared data Association) がある。通信可能距離は最大1m程度で、赤外線ビーム広がり30程度である。通信可能距離や通信速度異なる5つの仕様バージョン1.0、1.1、1.2、1.3、1.4がある。この中でバージョン1.4は通信速度が16Mbpsと最も速く通信距離が1mとなっている。また、IrSimpleIrSSといった派生規格多数登場している。

無線通信のほかの用語一覧
赤外線通信:  IrCOMM  IrLPT  IrSS  赤外線通信  VFIR
電波:  FEXT  Hz

IrDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/20 18:20 UTC 版)

(赤外線通信 から転送)

IrDA(アイアールディーエイ、Infrared Data Association)は赤外線による光無線データ通信を規格化している団体であり、またその規格そのものの名称である。特に規格に関しては、 IrDA DATA と呼ぶ。




「IrDA」の続きの解説一覧





赤外線通信と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

赤外線通信に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤外線通信」の関連用語

赤外線通信のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アナログRGB端子

Windows Server 2003

AQUOS ZETA SH-01G

地球シミュレータ

Microsoft Wireless Display Adapter

割ルビ

Microsoft Office 2008 for Mac

Wi-Fi





赤外線通信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ赤外線通信の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIrDA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS