ガラパゴス化とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ガラパゴス化の意味・解説 

ガラパゴス化

読み方ガラパゴスか
別名:ガラパゴス現象ガラパゴス化現象ガラパゴス症候群ガラパゴスシンドローム
【英】Galapagos Effect, Galapagos Syndrome

ガラパゴス化とは、市場外界から隔絶された環境下で独自の発展遂げ、その結果として世界標準流れからかけ離れていく状態を揶揄する表現である。

ガラパゴス化という表現は、2008年はじめに日本の携帯電話市場形容するものとして登場した。日本の携帯電話は、通信方式においても、端末においても、独自に開発された先進的技術採用されている。世界携帯電話市場から見ると、日本の携帯電話は、技術的傑出している。しかし、世界デファクトスタンダードとなりつつある技術とはほぼ無縁の状態となっており、逆に世界市場における競争力が持てない状況を招いている。

2008年現在、日本では既に第3世代携帯電話主流となっているが、世界大半採用している携帯電話標準的通話方式は、第2世代携帯電話GSMである。また、世界シェア上位端末製造メーカーとしては、Nokiaサムスン電子Motorolaなど連なるが、日本メーカー端末製造販売台数全て足しても、これらのメーカーと並ぶことはできない状況にある。

ガラパゴス化、という表現土台となっているのは、南米大陸から1000km離れ赤道直下孤島ガラパゴス諸島生物である。長い間孤島には外敵侵入てこない状態が続いたため、多く生物種淘汰されずに独自の進化遂げ固有種となっていることが知られている。

ガラパゴス諸島固有種生存競争力に乏しく19世紀になって人間とともに外来種侵入始めて以降、種の存続が危ぶまれている。ガラパゴス化という言葉には、日本の携帯電話も、世界的競争力を失うだけでなく、将来的には国内市場世界標準に取って代わられるのではないか、という含み持っている

携帯電話だけでなく、非接触式ICカード地上デジタル放送なども、世界標準日本標準との間に乖離存在しており、ガラパゴス化していると指摘されている。


参照リンク
未来ナビ「ガラパゴス化」する日本 - (野村総合研究所
避けたい「ガラパゴス化現象」 - (静岡経済研究所

ガラパゴス化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/27 01:36 UTC 版)

ガラパゴス化(ガラパゴスか、Galapagosization)とは日本で生まれたビジネス用語のひとつで、外界から隔離された環境(日本市場)の内部で、内需のみに応えて業界の「最適化」が進行すると、外界に存在する業界との互換性を失い、世界的な信用が得られないまま孤立する。そして、外界(外国)から適応性(汎用性)と入手可能性(低価格)の高い製品や技術やサービスが流入すると、孤立していた業界全体に価値が無くなり市場から淘汰されるという、進化論におけるガラパゴス諸島生態系になぞらえた警句である。ガラパゴス現象(Galápagos Syndrome)とも言う。








英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ガラパゴス化に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ガラパゴス化」の関連用語

ガラパゴス化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

dtab

Opera Unite

線形グラデーション

網かけ

Web 2.0

Windows Media Player

Wedge Touch Mouse

Cruzer





ガラパゴス化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリガラパゴス化の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガラパゴス化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS