燃え尽き症候群とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 症候群 > 燃え尽き症候群の意味・解説 

バーンアウトシンドローム

読み方ばーんあうとしんどろーむ
別名:燃え尽き症候群,バーンアウト
【英】:burnout syndrome

それまで一つの物事に没頭していた人が、心身極度疲労により燃え尽きたように意欲を失い、社会適応できなくなること。

 それまで意欲を持って一つのことに没頭していた人が、あたかも燃え尽きかのように意欲をなくし、社会的適応できなくなってしまう状態のことをいいます。絶え間ない過度ストレスにより発生し、うつ病一種とも考えられています。朝起きられない、職場行きたくない、アルコールの量が増えるイライラ募るなどの症状がみられ、仕事が手につかなくなり、対人関係避けるようになります。病気対す抵抗力低下し、人生に対して悲観的になることから、家庭生活崩壊や、最悪場合自殺過労死に至ることもあります
 「バーンアウトシンドローム」は精神心理学者のハーバート・フロイデンバーガーが1974年代に初めて用いた造語で、日本語では「燃え尽き症候群」とも呼ばれます。その後社会心理学者クリスティーナ・マスラークが「情緒的消耗感・脱人格化個人的達成感低下」から重傷度を判定するMBIMaslach Burnout Inventory)を考案しました。
 元々は医療福祉教師などの対人サービス業従事する人に多いとされてきましたが、現在ではさまざまな職種業種見られます。また、スポーツ分野でもオーバートレーニング症候群などの慢性疲労態と密接な関係があると考えられています。


燃え尽き症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/01 03:49 UTC 版)

燃え尽き症候群(もえつきしょうこうぐん、: Burnout Syndrome[要出典]は、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した報酬が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満[要出典][1]。慢性的で絶え間ないストレスが持続すると、意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう[要出典]症状。一種の心因性(反応性)うつ病とも説明される。


  1. ^ 徳重雅弘 『学校ストレスとサポ−トシステム』 文芸社、2005年5月ISBN 9784835590165
  2. ^ Ulrich Kraft, "Burned Out", Scientific American Mind, June/July 2006 p. 28-33
  3. ^ ICD-10: International Classification of Diseases. Geneva: World Health Organization, 1994.
  4. ^ Maslach, C., Jackson, S.E, & Leiter, M.P. MBI: The Maslach Burnout Inventory: Manual. Palo Alto: Consulting Psychologists Press, 1996.


「燃え尽き症候群」の続きの解説一覧





燃え尽き症候群と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「燃え尽き症候群」の関連用語

燃え尽き症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




燃え尽き症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
厚生労働省厚生労働省
(C)2014 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの燃え尽き症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS