耽美主義 耽美主義の概要

耽美主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/08 01:53 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概略

アルジャーノン・スウィンバーンがある絵画を評して曰く「この絵の意味は美そのものだ。存在することだけが、この絵の存在理由(Raison d'être ) なのだ」という表現が耽美主義の本質を説明している。耽美主義者の中ではオスカー・ワイルドなどが代表的である。19世紀の末に近づくにつれ、デカダンスの様相を呈した反社会的な動きとなっていった。これは、当時ヨーロッパを席巻していた楽観的な進歩主義へのアンチテーゼでもあった。

その反社会的思潮から悪魔主義などと括られることもあるが、耽美主義自体は悪魔主義退廃芸術とは必ずしも一致しない。むしろ感性の復興という意味ではルネサンスとも通底している。その一方で神秘主義とも相通じるものもある。フランス人作家ペラダン英語版 は「美が生み出すのは感情を観念に昇華させる歓びである」と語っている。同性愛やサディズム、マゾヒズム、エロチシズムなども、耽美主義の作風に含まれることが、しばしば見受けられる。

耽美主義の流れは日本の知識人や文化人、芸術家にも影響を与えた。谷崎潤一郎は、著名な日本の耽美主義の小説家である。また、三島由紀夫も耽美派に含まれる場合がある。

スタイル

孔雀の間。建築主の所有する染付の磁器コレクションとホイッスラーの「陶磁の国の姫君」を飾るよう設計されたがホイッスラーが勝手に部屋全体を紺と金に塗り替え、孔雀を描き足した[1]

さまざまな様式が混交しているが、古典主義や日本美術の影響が大きく、1870年から1900年にかけて流行した[1]。特徴的なモチーフとしては、孔雀の羽、ひまわり、青と白のセラミック(染付)、強い色彩などがある[1]。代表的な人物としては、ジェームズ・マクニール・ホイッスラー(1880年代半ばに耽美派運動から離反)、ビアズリーオスカー・ワイルドなど[1]。室内装飾としては、船舶王の邸宅の食堂だった孔雀の間(1877年作、現フリーア美術館所蔵)、ハーボーンにあった邸宅ザ・グローブのパネルの部屋(1878年作、現ヴィクトリア&アルバート博物館所蔵)などがある[1][2]。耽美派の室内装飾には、日本の版画や衝立、扇などがよく使われた[1]

耽美派

耽美主義を奉ずる文芸上・芸術上の一派。唯美派。

文芸

絵画・美術

映画

耽美主義は芸術における流派、あるいは芸術家自身の主張というよりは、むしろ「美のための美を追求する」という創作態度や、そこから生まれてくる芸術作品というべきものであるから、周囲がどう評価するかにかかわる場合が多い。

彼らの作品は耽美主義的傾向が強いと指摘されることが多い。

音楽

グラム・ロック、ゴシック・ロックやニューウェイブの一部に、耽美主義的傾向が濃厚に出ている。

写真

ギャラリー


  1. ^ a b c d e f Style Guide: AestheticismVictoria and Albert Museum
  2. ^ Panelled room from The Grove in HarborneVictoria and Albert Museum


「耽美主義」の続きの解説一覧





耽美主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「耽美主義」の関連用語

耽美主義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



耽美主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの耽美主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS