平将門 伝説

平将門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/21 14:53 UTC 版)

伝説

将門伝説の研究者である郷土史家村上春樹は将門伝説を以下のように分類している[17]

  1. 冥界伝説(地獄に堕ちた将門の伝説「今昔物語集」・「僧妙達蘇生注記」等)
  2. 調伏伝説
  3. 祭祀伝説(将門を祀った神社)
  4. 王城伝説(将門が建設した都の伝説)
  5. 首の伝説
  6. 鉄身伝説(将門は鉄身であるが、こめかみだけが肉身であると言う伝説(『俵藤太物語』)[18]
  7. 七人将門の伝説(将門の影武者の伝説、将門と行動を共にする7人のうち、影武者の6人には影がないというもの(『俵藤太物語』)[18]や、こめかみだけが肉身であることを女房の1人である小宰相が漏らしたというもの[18]
  8. 東西呼応の伝説
  9. 将門一族の伝説
  10. 追討者の伝説

調伏伝説

千葉県成田市成田山新勝寺は、東国の混乱をおそれた朱雀天皇の密勅により寛朝僧正が、の高雄山(神護寺)護摩堂の空海作の不動明王像を奉じて東国へ下り、天慶3年(940年)海路にて上総国尾垂浜に上陸、平将門を調伏するため下総国公津ヶ原で不動護摩の儀式を行ったのを、開山起源に持つ。

このため、将門とその家来の子孫は、1070年以上たった今でも成田山新勝寺へは参詣しないという。また、生い立ちにもある千葉県佐倉市将門に古くから住む人々も参詣しない家が多く残り、かつて政庁が置かれた茨城県坂東市の一部にも参拝を良しとしない風潮が残るとされる。築土神社神田神社(神田明神)の氏子も、成田山新勝寺へ詣でると産土神である平将門命の加護を受けることができなくなるとの言い伝えにより、参詣しない者が多い。例年NHK大河ドラマの出演者は成田山新勝寺の節分豆まきに参加するが、将門が主人公であった1976年昭和51年)大河ドラマの『風と雲と虹と』の出演者も成田山新勝寺の豆まきへの参加を辞退した。

尚、これらはあくまで民間伝承であり、神田明神側が出版した本では両方を参拝すると祟りが起こるということはないと明確に否定している。

現在の千葉県市川市大野地区にも、将門公伝説が多く有り縁の郷とされ、現在の市川市立第五中学校の敷地は城址と言い伝えられ、校舎の裏に将門にまつわるとされるも祀られている。校庭の向かいの高台に建つ「天満天神社」も、将門が勧請したという伝承を持つ。また旧くからの地元住民は、板橋の名字が多く将門様の家臣と云う説が有り、地元の人々は成田山新勝寺には行かない・参拝をすると将門様の祟りが起こる、裏切った桔梗姫[注釈 2]にちなんで桔梗を植えない、といった言い伝えを今でも聞くことができる。

首の伝説

京都 神田明神」京都市下京区新釜座町(四条通西洞院東入ル)には、民家に埋もれるようにして小さながある。「天慶年間平将門ノ首ヲ晒(さら)シタ所也(なり)」と由緒書きにはある。

言い伝えでは討ち取られた首は京都の七条河原にさらされたが、何か月たっても眼を見開き、歯ぎしりしているかのようだったといわれている。ある時、歌人の藤六左近がそれを見てを詠むと、将門の首が笑い、突然地面が轟き、稲妻が鳴り始め、首が「躯(からだ)つけて一戦(いく)させん。俺の胴はどこだ」と言った。声は毎夜響いたという。そして、ある夜、首が胴体を求めて白光を放って東の方へ飛んでいったと言い伝えられ、頸塚は京都にはない。「太平記」に、さらしものになった将門の首級(しるし、しゅきゅう)の話が書かれている。将門の首は何か月たっても腐らず、生きているかのように目を見開き、夜な夜な「斬られた私の五体はどこにあるのか。ここに来い。首をつないでもう一戦しよう」と叫び続けたので、恐怖しない者はなかった。しかし、ある時、歌人の藤六左近がそれを見て

将門は こめかみよりぞ 斬られける 俵藤太が はかりごとにて[注釈 11]

を詠むと、将門はからからと笑い、たちまち朽ち果てたという。

また、将門のさらし首は関東を目指して空高く飛び去ったとも伝えられ、途中で力尽きて地上に落下したともいう。この将門の首に関連して、各地に首塚伝承が出来上がった。最も著名なのが、東京都千代田区大手町にある将門塚である。この首塚には移転などの計画があると、事故が起こるとされ、現在でも畏怖の念を集めている。

御首神社に伝わる話では、将門の首は美濃の地で南宮大社に祭られていた隼人神が放った矢によって射落されてしまう、落ちた場所に将門を神として崇め祀り、その首が再び東国に戻らないようにその怒りを鎮め霊を慰めるために御首神社が建てられたという。

昭和の終り、東京の霊的守護をテーマに盛り込んだ荒俣宏小説帝都物語』で採り上げられるなどして広く知れ渡ると、「東京の守護神」として多くのオカルトファンの注目を集めるようになった。

将門一族の伝説

遅くとも建武4年(1337年)には成立したと見られている軍記物語『源平闘諍録』以降、将門は日本将軍(ひのもとしょうぐん)平親王と称したという伝説が成立している。この伝説によると将門は、妙見菩薩の御利生で八カ国を打ち随えたが、凶悪の心をかまえ神慮にはばからず帝威にも恐れなかったため、妙見菩薩は将門の伯父にして養子(実際には叔父)の平良文の元に渡ったとされる。この伝説は、良文の子孫を称する千葉一族、特に伝説上将門の本拠地とされた相馬御厨を領した相馬氏に伝えられた。

「新皇」と名乗った史実に反し「日本将軍平親王」としての伝説が中世近世を通じて流布した背景に、坂東の分与・独立を意味する前者を排除し、軍事権門として朝廷と併存する道を選択した源頼朝を投影したものだとする関幸彦の指摘がある。

背は高く2mの身長だったとされる。


注釈

  1. ^ 笏を逆さに持たすなど作法に反し意図的である。没後しばらくして将門の娘が建立したとされる茨城県坂東市の国王神社の木造平将門像(茨城県指定有形文化財、国王神社神体)とは、肩や筋骨質の体つき、目の大きさ、顎の形等、印象が違う。
  2. ^ a b 桔梗と呼ばれる女性の伝承とその終焉の地(桔梗塚)も各地にあり彼女の、出自、将門ならび藤原秀郷との関係、将門をどのように裏切ったか、裏切りをしていないか、などが異なっていて定説は無い。
  3. ^ 一部の書籍(特に児童・生徒向けに書かれた物では疑問符付き)で903年とするが、これは将門が火雷天神(菅原道真)の生まれ変わりとするとの伝承からきていると考える者もいる。梶原正昭は、将門が反乱を起こした際に藤原忠平に宛てた書状の中に「(私こと将門は)少年時代にあなた様の家臣となって以来数十年云々」という意味の記述があることから、数十年を40年と仮定すると将門が忠平の家臣となったのは899年頃、その頃の将門の年齢は15 - 6歳であろうか、との可能性を示唆している[2]
  4. ^ 『尊卑分脈脱漏』『坂東諸流綱要』等によると、「犬養春枝女」または「県犬養春枝女」となっている。
  5. ^ 『歴代皇紀』の「将門合戦状伝」には、始め伯父の平良兼との間で争い、次に平真樹なる者に誘われて平国香や源護らと事をかまえるに至ったとしている。
  6. ^ 『将門記』では「介経基ハ未ダ兵ノ道ニ練レズ。驚キ愕イデ分散ス」と述べられている。
  7. ^ 『摂政忠平宛将門書状』には、「維幾の子為憲が公の威光を傘に猛威をふるったため、玄明の愁訴によってそれを正そうとして常陸に赴いたところ、為憲と貞盛が示し合わせて戦いを仕掛けてきた。」とある。
  8. ^ ただし『将門記』では興世王の献策に対して「將門ガ念フ所モ、啻斯レ而巳。(中略)苟モ將門、刹帝ノ苗裔、三世ノ末葉也。同ジクハ八國ヨリ始メテ、兼ネテ王城ヲ虜領セムト欲フ。」と答えたとしているが、この答えは後に出てくる『摂政忠平宛将門書状』の内容とは矛盾する。
  9. ^ 海音寺潮五郎は『悪人列伝 古代篇』にて、これを将門の無知の証拠として指摘している[6]
  10. ^ 扶桑略記』では、将門の戦死を貞盛の放った矢により負傷落馬し、そこに秀郷が馳せつけ首を取ったとされ、『和漢合図抜萃』では、秀郷の子の千常が将門を射落とし首級をあげたとされている。
  11. ^ こめかみの「こめ(米)と俵藤太の「俵」を掛け合わせたもの。

出典

  1. ^ 赤城宗徳 1970, p. 196
  2. ^ 梶原正昭 1976, pp. &#91, 要ページ番号&#93,
  3. ^ 中川克一『山陽外史』至誠堂、1911年、[要ページ番号]頁。 
  4. ^ 稲毛の歴史”. 千葉市. 2013年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月12日閲覧。
  5. ^ a b 木村茂光『平将門の乱を読み解く』吉川弘文館 2019年
  6. ^ 海音寺潮五郎『悪人列伝』 古代篇、文藝春秋文春文庫〉、2006年、[要ページ番号]頁。ISBN 4167135485 
  7. ^ 川尻秋生 2009a, p. 13.
  8. ^ 関幸彦『武士の原像 都大路の暗殺者たち』(吉川弘文館、2020年)
  9. ^ 川尻秋生 2009a, p. 22-23.
  10. ^ 早川由紀夫、小山真人:日本海をはさんで10世紀に相次いで起こった二つの大噴火の年月日 : 十和田湖と白頭山 Bulletin of the Volcanological Society of Japan 43(5) pp.403-407 1998-10-30, ISSN 0453-4360
  11. ^ 宮瀧交二 2009, p. 126-133.
  12. ^ 村上春樹 2009, p. 209.
  13. ^ 村上春樹 2009, p. 209-210.
  14. ^ 乃至政彦 2019, p. 21-27.
  15. ^ 川尻秋生 2009a, p. 20.
  16. ^ 川尻秋生 2009b, p. 237.
  17. ^ 村上春樹『平将門伝説』汲古書院、2001年。ISBN 4762941611 
  18. ^ a b c 福田豊彦『平将門の乱』(岩波書店、1981年)211頁
  19. ^ 国書刊行会編 1925, p. 3.
  20. ^ 石下町史編さん委員会 1988, p. 130-134.
  21. ^ a b 国書刊行会編 1925, p. 21.
  22. ^ a b 村上春樹 2009, p. 213.
  23. ^ 織田完之 1905, p. 34.
  24. ^ 織田完之 1907, p. 36-37.
  25. ^ 幸田露伴 1925, p. 177.
  26. ^ 大森金五郎 1923, p. 13.
  27. ^ 石下町史編さん委員会 1988, p. 144-150.
  28. ^ 大森金五郎 1923, p. 13-14.
  29. ^ 乃至政彦 2019, p. 75.
  30. ^ 大森金五郎 1923, p. 61-62.
  31. ^ 桜川市教育委員会 1989.
  32. ^ 石下町史編さん委員会 1988, p. 134-135.
  33. ^ 梶原正昭・矢代和夫 1975, p. 126-127.
  34. ^ 村上春樹 2009, p. 203-205.
  35. ^ a b 梶原正昭・矢代和夫 1975, p. 135.
  36. ^ 梶原正昭・矢代和夫 1975, p. 137-138.
  37. ^ 梶原正昭・矢代和夫 1975, p. 138-139.
  38. ^ 美浦村史編さん委員会 1995, p. 73.
  39. ^ 梶原正昭・矢代和夫 1975, p. 87-88.
  40. ^ 樋口州男 2015, p. 67-70.
  41. ^ 梶原正昭・矢代和夫 1975, p. 94-96.
  42. ^ 柏市教育委員会 2007.
  43. ^ 梶原正昭・矢代和夫 1975, p. 140.
  44. ^ 梶原正昭・矢代和夫 1975, p. 104-106.
  45. ^ 村上春樹 2008, p. 46.
  46. ^ 神田明神とは”. www.kandamyoujin.or.jp. 2020年11月25日閲覧。
  47. ^ 年中行事”. www.kandamyoujin.or.jp. 2020年11月25日閲覧。
  48. ^ 香取神社|江東区”. www.city.koto.lg.jp. 2020年11月26日閲覧。
  49. ^ kokuoushrine. “由緒・歴史/國王神社とは | 國王神社 - 平将門公 終焉の地”. 国王神社/平将門公 終焉の地に佇む 坂東市・國王神社. 2020年11月26日閲覧。
  50. ^ 坂東市サイト/観光・歴史/延命院と胴塚(2021 年 2 月 26 日閲覧)
  51. ^ 流山市立博物館友の会 編「楽しい東葛寺社事典」『東葛流山研究』第34号、2016年、97p
  52. ^ 国王社本殿|相馬市公式ホームページ”. www.city.soma.fukushima.jp. 2020年11月26日閲覧。
  53. ^ 取手市. “長禅寺”. 取手市. 2020年11月26日閲覧。
  54. ^ 平将門(必勝祈願/勝運向上)”. www.tsukudo.jp. 2020年11月26日閲覧。
  55. ^ 天津彦火邇々杵尊(建築工事安全)”. www.tsukudo.jp. 2020年11月26日閲覧。
  56. ^ 生きるか死ぬかの瀬戸際…平将門が迷走した悲話が残る東京都の最高峰「雲取山」とは?”. ライブドアニュース. 2020年11月26日閲覧。
  57. ^ 首から上の大神様|御首神社 : 神社紹介/御祭神・由緒・ご利益”. www.mikubi.or.jp. 2020年11月26日閲覧。
  58. ^ 市川市|葛飾八幡宮と文化財”. www.city.ichikawa.lg.jp. 2020年11月26日閲覧。
  59. ^ 「奈良の大仏」修復へ 震災で損壊した市原市指定文化財”. www.chibanippo.co.jp. 2020年11月26日閲覧。
  60. ^ 鎧神社 - 東京都神社庁”. www.tokyo-jinjacho.or.jp. 2020年11月26日閲覧。
  61. ^ 兜町の史跡日本取引所グループ
  62. ^ a b 乃至政彦 2019, p. 44.
  63. ^ 大河ドラマ「風と雲と虹と」”. NHK. 2021年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月21日閲覧。






平将門と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「平将門」の関連用語

平将門のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



平将門のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平将門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS