出会い系サイト 参考文献

出会い系サイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 02:26 UTC 版)

参考文献

  • 荻上, チキ (2011), セックスメディア30年史 - 欲望の革命児たち, 筑摩書房, ISBN 978-4-480-06606-0 
  • 荻上, チキ (2013), “セックスメディア30年進化論”, flash (光文社) 2013年12月17日号: 54 
  • 鹿島, 茂 (2011), パリ、娼婦の館, 角川学芸出版, ISBN 978-4046214393  - 工作社の雑誌「室内」 2005年1月 - 2006年2月、および角川学芸webマガジン 1-25「閉じられた家」に連載されたものをまとめたもの。
    • 鹿島, 茂 (2013), パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ, 角川文庫, ISBN 978-4-04-409451-5  - 上記文献と2011年『パリが愛した娼婦』を再編集しまとめたもの。入手容易性は大同小異であろうが、できるだけ両方の文献のページ番号を列挙した。
  • 栗林, 彰 (2004), コンセント、抜けてます。-SE、ハッカー、一般ユーザーの日常と非日常, 秀和システム, ISBN 978-4798006901 
  • 酒井, 潔 (1930), 巴里上海歓楽郷案内, 竹酔書房 

注釈

  1. ^ 連載エッセイをまとめたもの。2010 『パリ、娼婦の館』および2013『パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ

出典

  1. ^ a b c 鹿島 2010, p. 277.
  2. ^ a b c 鹿島 2013, p. 98.
  3. ^ 酒井 1930, p. pp.96-97.
  4. ^ a b 鹿島 2010, p. 280.
  5. ^ 鹿島 2013, p. 101.
  6. ^ a b 酒井 1930, p. pp.107-108.
  7. ^ 鹿島 2013, p. pp.101-102.
  8. ^ 鹿島 2010, p. 282.
  9. ^ 鹿島 2013, p. 103.
  10. ^ 荻上 2011, pp. 14,18,24,27.
  11. ^ a b c d e 荻上 2013.
  12. ^ 荻上 & 2011, p. pp.52-56.
  13. ^ 荻上 2011, p. 55.
  14. ^ 荻上 2011, p. pp.62-65.
  15. ^ 荻上 2011, p. pp.70-72.
  16. ^ 荻上 2011, p. 90.
  17. ^ 三橋順子「日本女装昔話」第3回「1960年代の女装世界を語る雑誌『風俗奇譚』」。同誌にはゲイ同士の文通欄や1961年1月号からは女装者専用の交際欄「女装愛好の部屋」が設けられた。
  18. ^ オトコノコのためのボーイフレンド(1986年 少年社)。
  19. ^ インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律 第二条による
  20. ^ 荻上 2011, p. pp.90-91.
  21. ^ SNSを悩ます「出会い系」問題の深淵 非出会い系の被害児童数は最悪水準へ 日本経済新聞 2010年12月8日
  22. ^ 「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」第三章 インターネット異性紹介事業の規制
  23. ^ 警察庁広報資料「平成23年中の出会い系サイト等に起因する事犯の検挙状況について」
  24. ^ 行政処分受けた「出会い系サイト」 「女性のメール」ほとんど男のサクラ」 J-CASTニュース、2008年5月7日。
  25. ^ 第25回 架空請求・不当請求にご注意!/警察本部/とりネット/鳥取県公式サイト
  26. ^ a b c 栗林 2004, p. pp.32-33.
  27. ^ 栗林 2004, p. 36.
  28. ^ 栗林 2004, p. pp.32-42.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「出会い系サイト」の関連用語

出会い系サイトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



出会い系サイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの出会い系サイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS