こうべエキスプレス こうべエキスプレスの概要

こうべエキスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 08:15 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
こうべエキスプレス
三宮フェリーターミナルに接岸するこうべエキスプレス
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本
所有者 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
宮崎船舶(2003 - 2018)
宮崎カーフェリー(3代目法人)(2018 - )
運用者 マリンエキスプレス(1996 - 2004)
宮崎カーフェリー(2代目法人)(2004 - 2018)
宮崎カーフェリー(3代目法人)(2018 - )
建造所 三菱重工業下関造船所
母港 東京
姉妹船 みやざきエキスプレス
信号符字 JG5504
IMO番号 9162124
MMSI番号 431301684
改名 おおさかエキスプレス(1997-2014)
こうべエキスプレス(2014-)
経歴
起工 1996年11月
竣工 1997年7月
就航 1997年7月28日[1]
要目
総トン数 11,933トン[1]
全長 170.0m
垂線間長 158.00m
27.0m
型深さ 17.20m
満載喫水 6.70m
機関方式 ディーゼル
主機関 NKK-S.E.M.T.-ピールスティック 12PC4-2V型
過給機付4サイクル12シリンダ(400rpm)
推進器 可変ピッチプロペラ×2軸
出力 19,800PS×2基[1]
航海速力 25.0ノット
旅客定員 690名
車両搭載数 トラック130台、乗用車85台
テンプレートを表示

概要

マリンエキスプレス時代に美々津丸の代船として三菱重工業下関造船所おおさかエキスプレス(OSAKA EXPRESS)として建造され、1997年7月28日大阪宮崎航路に就航した。本船の就航により、美々津丸は海外売船された。

2004年8月、マリンエキスプレスから宮崎カーフェリーへ譲渡。2014年10月1日、関西側の発着地を大阪南港かもめフェリーターミナルから神戸港新港第3突堤・神戸三宮フェリーターミナル)へ移転、神戸宮崎航路での運航となり、移転に先立って同年6月末にこうべエキスプレスと改名された。

船内

Aデッキ
  • 2等寝台室(8名または12名・33室)
  • 1等A室(4名・5室)
  • 1等B室(4名・12室)
  • 1等S室(1名・10室)
  • 特等室(2名・2室)
  • 展望浴室
  • 給湯室
Bデッキ
  • 案内所・売店
  • 2等室(172名)
  • ドライバー室
  • レストラン
  • ドライバー用レストラン

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク


  1. ^ a b c 船舶案内”. 宮崎カーフェリーウェブサイト. 宮崎カーフェリー株式会社. 2015年11月30日閲覧。


「こうべエキスプレス」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

こうべエキスプレスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



こうべエキスプレスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのこうべエキスプレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS