screen shotとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > screen shotの意味・解説 

スクショ

英語:screenshot

スクショとは、画面一部または全体キャプチャし、静止画像として保存する行為その結果として得られる画像のことである。正式名称スクリーンショット(英: screenshot)と呼ばれコンピュータスマートフォンなどのディスプレイ上に表示されている情報画像ファイルとして記録する機能である。

スクリーンショット撮影方法は、デバイスオペレーティングシステムによって異なる。一般的にはキーボードの「Print Screenキーを押すことで画面全体キャプチャし、画像編集ソフトウェア使用して必要な部分切り取ることができる。また、スマートフォンでは、電源ボタン音量ボタン同時に押すことでスクリーンショット撮影できる場合が多い。

スクリーンショットは、画面上の情報共有したい場合や、エラーメッセージ設定画面などの記録を残す目的使用されることが多い。また、ウェブページアプリケーションデザイン機能説明する際にも、スクリーンショットが役立つことがある

スクリーンショットファイル形式は、主にPNGJPEGGIFなどの画像形式保存される。これらの形式は、画像圧縮率色数などの特性異なるため、用途に応じて適切な形式選択することが重要である。例えば、PNG形式は無劣化圧縮であり、画質が高いまま圧縮できるため、テキスト図形が多い画面キャプチャ適している。一方JPEG形式劣化圧縮であり、画質犠牲にしてファイルサイズ小さくすることができるため、写真イラストが多い画面キャプチャ適している。

スクリーンショット利用する際には、著作権プライバシーの問題注意することが求められる他人作品個人情報含まれる画像無断公開することは、法律違反する場合があるため、利用目的範囲十分に考慮し適切な方法使用することが重要である。

スクリーン‐ショット【screenshot】

読み方:すくりーんしょっと

スクリーンキャプチャー」に同じ。スクショ


スクリーンショット

(screen shot から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/27 20:28 UTC 版)

スクリーンショットスクリーンキャプチャスクリーンダンプとは、コンピュータのディスプレイの画面に表示されている内容を、そのまま画像データとして取得する操作、および、そのようにして取得された画像データ、画像ファイル[1]。略して、スクショとも呼ばれる。動画の場合は「画面キャプチャ」も参照。


  1. ^ IT用語辞典【スクリーンショット】
  2. ^ ハードコピーとは - IT用語辞典 e-Words”. (株)インセプト. 2019年8月19日閲覧。
  3. ^ hard copy - Wiktionary”. 2019年8月19日閲覧。
  4. ^ セットアップのビデオの問題で Shift + PrintScreen キーを使用します。
  5. ^ WinDVD Pro 12 ソースネクスト、2021年6月10日閲覧。
  6. ^ ボリューム下は端末を縦正面から見て下のボタンとなる。
  7. ^ Screen Capture Tool 電話の画面を撮影する”. 2020年2月19日閲覧。
  8. ^ a b c d e スクリーンショットとスクリーンキャスト
  9. ^ [1]
  10. ^ Google, Androidサポートページ
  11. ^ 2017年11月8日をもってサービスを終了。
  12. ^ 新たに「スクショ」も違法対象に…著作権侵害の注意点”. AbemaTIMES (2019年1月29日). 2019年1月30日閲覧。
  13. ^ https://www.smtb.jp/personal/blind/db/sec/rapport.html




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「screen shot」の関連用語

screen shotのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



screen shotのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスクリーンショット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS