スクリーンショット スクリーンショットの概要

スクリーンショット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/19 04:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
一般的なデスクトップのスクリーンショット

概要

多くはOSや、実行中のソフトウェアにより得られた画像データを指す。画面を直接カメラなどで撮影(直撮り)したものや、コンピュータから出力されたビデオ信号を何らかの外部記録装置を用いて記録したものも含まれる場合がある。

スクリーンショットはソフトウェアのマニュアル(取扱説明書)を作成するとき、あるユーザーが画面上の様子を他のユーザーに示すときなど、画面の全体ないし一部の表示を取り出す必要がある場合に用いられる。

以下の四語はほぼ同じ意味の言葉として用いられるが、以下のように区別する場合もある。

  • スクリーンショット(screenshot) - BMPPNGJPEG等の汎用フォーマットでディスプレイ上の表示を記録したデータ。
  • スナップショット(snapshot) - スクリーンショットと同義であるが、ある時点のシステム内部の首尾一貫したデータという意味もある。
  • スクリーンダンプ(screen dump) - XWD(X Window Dump)などによって一時的に取得された内部的なデータ。
  • スクリーンキャプチャ(screen capture) - 画面の変化を動画として記録したデータ。

歴史

スクリーンショットが普及する以前は、ゲームプログラムの良し悪しは書かれた特徴(売り文句)を参考に判断するしかなかった。 1970年代を皮切りに、スクリーンショットがコンピューターゲームの紹介・販促として使われるようになり、ゲームプレイヤーは自身がプレイするときの様子を思い描くことができるようになった。 しかし中には低解像度なプラットフォームのソフトウェアにも関わらず、より細密な上位機種の画像を用いるなど、判断材料にならないものもあった。例えば Commodore64 のゲームソフトのスクリーンショットとして、上位機種である CommodoreAmigaバージョンの画像が使われることがあった。これは消費者からの苦情により、メーカー側はどちらのバージョンの画像かを明示するようになった。

ホビーパソコンが「マイコン」と呼ばれていた1980年昭和55年)頃には、スクリーンショットもしくはスクリーンショットを印刷することを指して「ハードコピー」と呼んでいた。この語は元来、コンピューター上のデータを紙などコンピューター無しで人間が利用できる物理的な媒体に記録・複製すること、またはそのようにしてできた印刷物等を指す用語である(これに対し、電子データのままの複製を「ソフトコピー」と呼ぶ)[1]。したがって元来の意味においては、画面表示の一部または全部を紙に印刷すること(印刷したもの)はハードコピーの一種であると言えるが、画像データとして保存したものはそうではない。「画面表示の印刷」と「ハードコピー」とは次第に同義に扱われるようになり、さらに、厳密にはソフトコピーにあたる「画像データとしてのスクリーンショット」のこともハードコピーと呼ぶようになっている。なお、原語の英語ではこうした混用は生じておらず、hard copyという語はあくまでも紙などに出力した複製を指す[2]

1990年代になると、ゲーム機の演算によって描かれる動画ではなく、予め高性能なCGワークステーションで動画として作成されたプレレンダリングの動画がゲームの節目でのイベントシーンとして使用されるようになった。この映像を用いてあたかも操作画面のスクリーンショットのような形で紹介されることもあり、実際の操作画面との落差で消費者を惑わすこととなった。これも同じように消費者からの苦情により、レビューでのスクリーンショットの用い方を改善させることとなり、「ゲームプレイ中の画面」などの注釈表示がなされるようになった。

今日でも、ゲームソフトはもとより、様々なアプリケーションプログラムのダウンロードサイトにもグラフィカルなスクリーンショットが用いられ、購入時の判断材料となっている。

インターネット上のスクリーンショット

LiveJournalMSN メッセンジャーなどの、映画・テレビ番組やそのファンアート製作などに関するフォーラムのアイコンに関連する画像が使われるなど、スクリーンショットはポピュラーなものになりつつある。

また、スクリーンショットを撮影・投稿する機能を搭載したゲーム機やウェブサイト(Wii Uニンテンドー3DSMiiverse[3]PS4のシェアなど)も設立され、「非営利目的であること」「権利表記を明示すること」などの条件に限り、ゲームのスクリーンショットや動画の投稿も容認されつつある。


  1. ^ ハードコピーとは - IT用語辞典 e-Words”. (株)インセプト. 2019年8月19日閲覧。
  2. ^ hard copy - Wiktionary”. 2019年8月19日閲覧。
  3. ^ 2017年11月8日をもってサービスを終了。
  4. ^ セットアップのビデオの問題で Shift + PrintScreen キーを使用します。
  5. ^ iPhone Xは音量を上げるボタン。
  6. ^ ボリューム下は端末を縦正面から見て下のボタンとなる。
  7. ^ Screen Capture Tool 電話の画面を撮影する”. 2020年2月19日閲覧。
  8. ^ 新たに「スクショ」も違法対象に…著作権侵害の注意点” (日本語). AbemaTIMES (2019年1月29日). 2019年1月30日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スクリーンショット」の関連用語

スクリーンショットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スクリーンショットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスクリーンショット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS