スクリーンクォータ制度是非論とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > スクリーンクォータ制度是非論の意味・解説 

スクリーンクォータ制度是非論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 07:57 UTC 版)

韓国映画」の記事における「スクリーンクォータ制度是非論」の解説

韓国の映画会社中小規模のものが多く経済的基盤脆弱である。ハリウッド映画などの大資本映画作品韓国国内流入すると、韓国映画廃れるという危機感映画関係者俳優などは持っている。「映画文化」の大義のもとスクリーンクォータ制が導入され維持されている。 アメリカ合衆国からかたたびたび廃止自由化求められていたこと、韓国政府による韓米FTA締結推進目的から、韓国政府2006年年間上映日数40%を韓国映画とする保護緩めて半数減らすことに決定。この決定を受けてイ・ビョンホンチャン・ドンゴンをはじめとした韓国の俳優陣韓国映画保護求めて映画人リレー一人デモ」をしたり、座り込みをするなどをして反対運動おこなった

※この「スクリーンクォータ制度是非論」の解説は、「韓国映画」の解説の一部です。
「スクリーンクォータ制度是非論」を含む「韓国映画」の記事については、「韓国映画」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スクリーンクォータ制度是非論」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スクリーンクォータ制度是非論」の関連用語

1
12% |||||

スクリーンクォータ制度是非論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スクリーンクォータ制度是非論のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの韓国映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS