pay to winとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > pay to winの意味・解説 

ピー‐ツー‐ダブリュー【PtoW/P2W】

読み方:ぴーつーだぶりゅー

《pay to win》⇒ペイツーウイン


ペイ‐ツー‐ウイン【pay to win】

読み方:ぺいつーういん

主にコンピューターゲームについて、無料である程度ゲーム楽しむことができるが、アイテム課金利用することによって、圧倒的にゲーム有利に進められる仕組みのもの。P2W。→フリーツーウイン


Pay-to-Win

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:14 UTC 版)

Free-to-play」の記事における「Pay-to-Win」の解説

ゲームによっては、特別アイテムまたはダウンロードコンテンツ、クールダウンタイマーのスキップに対して金を支払プレイヤーは、そのようなアイテム入手できない無料プレイヤーより優位性を得ることができる。一般的にはFIFAのようなゲーム示されているように、他の方法では得られない無料プレイヤーに対してゲームプレイ上の優位性プレイヤー得られる場合そのようなゲーム批評家などから「Pay to win(ペイ・トゥ・ウィン)」(支払って勝つ、P2W)と呼ばれている。市場調査によると、中国では欧米諸国に比べP2W仕組みプレイヤー受け入れられていると考えられており、中国プレイヤーはゲームカフェ料金などゲーム関連する経常的なコスト慣れ親しんでいるためかと考えられている。 P2W避け一般的な提案支払いゲームプレイ影響与えずゲーム体験広げることのみに用いられるべきというものである例えば『Dota 2』、『League of Legends』(LoL)及び『メイプルストーリー』などのゲーム化粧(スキン)アイテム購入だけできるようになっており、「無料プレイヤー」がゲームに金を費やしたプレイヤーゲームプレイで差がつかないことを意味する無料版比較して制限感じさせずにゲーム性高め追加コンテンツ金を使うことをプレイヤー奨励するゲームのバランス見つけることを提案している。この理論アイテムに金を払わないプレイヤー口コミマーケティングによって製品認知度高め、それが最終的には間接的にゲーム利益をもたらすというものである珍しい例として、『World of Tanks』(WoT)ではサービス開始当初は金を払ったプレイヤー金を使わないプレイヤーよりも有利になるP2W採用していたが、欧州ユーザーニーズに合わせて有利になる砲弾消耗品リアルマネー使わなくても購入できるように変更され前述のDota 2LoLのように課金有無ゲームプレイ影響しないFree to Win」を標榜していた。この時点でも課金キャラクター課金武器相当する課金車両といった要素や、100%クルー訓練レベルプレミアムアカウント経験値無料経験値変換するなどの勝率ゲームプレイ影響を与える機能依然として金を支払ユーザーのみが利用可能であったが、公式のeスポーツ世界大会開催するなどある程度公平的なゲームプレイ推進していた。しかし、2017年公式のeスポーツ大会崩壊して開発者入れ替わって以降は公平性宣伝はされておらず強力な課金車両次々実装するP2W戻っていった。

※この「Pay-to-Win」の解説は、「Free-to-play」の解説の一部です。
「Pay-to-Win」を含む「Free-to-play」の記事については、「Free-to-play」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「pay to win」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

pay to winのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



pay to winのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリpay to winの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFree-to-play (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS