Lifelogとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Lifelogの意味・解説 

ライフログ

【英】Lifelog

ライフログとは、人間行いlife)をデジタルデータとして記録log)に残すことである。

ライフログは、個々ユーザーにとっては、自らの活動綿々記録していく営みであるといえる。その意味では日記をライフログの源流見なすこともできる。ライフログを綴る主要な媒体メディア)は、インターネット黎明期には個人Webサイトホームページ)、後にブログソーシャルメディア(のタイムライン)と推移している。

2010年代に入るとスマートフォン普及し、カメラGPSクラウドサービス各種アプリケーションアプリ)やデータロガーなどを、常時携帯して利用することが容易になった。走行距離や経路記録できるスマートウォッチなども登場している。2013年現在、「ライフログ」が殊更にキーワードとして意識される機会はあまりなくなっている。

早期からライフログを研究している代表的プロジェクトとして、Microsoft推進している「MyLifeBits Project」がある。「MyLifeBits」にとってのライフログは、コンピュータ使用する際に行われる全ての操作動作を、後から追跡し、それによって過去分析追体験を可能にするものである米国国防総省研究機関であるDARPADefense Advanced Research Projects Agency)も、2004年にライフログの研究開始している。


参照リンク
MyLifeBits - (Microsoftのライフログプロジェクト)

ライフログ

(Lifelog から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 09:23 UTC 版)

ライフログ: lifelog)とは、人間の生活・行い・体験を、映像・音声・位置情報などのデジタルデータとして記録する技術、あるいは記録自体のこと。[1]


  1. ^ NHK総合 クローズアップ現代2012年4月9日(月)放送
  2. ^ Vicon Revue - Memories for life”. 2010年12月11日閲覧。
  3. ^ ライフログ活用サービスWGからの報告(平成21年8月) (PDF)”. 総務省. 2010年9月25日閲覧。
  4. ^ “時間旅行にサイボーグ 究極目指す研究開発”. 日経エレクトロニクス2005年5月23日号. 2011年11月25日閲覧
  5. ^ ユビキタスネットワーク技術の研究開発 ~ ケータイdeライフログ ~”. 株式会社 KDDI研究所 2011年11月25日閲覧
  6. ^ “ライフログビデオのためのコンテキスト推定“.堀 鉄郎,相澤 清晴.映像情報メディア学会技術報告 27(72), 67-72, 2003-12-19
  7. ^ 研究概要の紹介 - ライフログシステム”. 東京大学 相澤研究室. 2011年11月25日閲覧。
  8. ^ 食事日記を簡単に生成&共有できるWebサイト「FoodLog(http://www.foodlog.jp/)」4月30日に正式オープン”. 東京大学 大学院情報学環. 2012年1月12日閲覧。
  9. ^ “衣服ログ : イベントとの連携によるコーディネート支援を目指して“.河野 一歩,山崎 俊彦,相澤 清晴.電子情報通信学会総合大会講演論文集 2011年_基礎・境界, 240, 2011-02-28
  10. ^ 研究紹介 - ライフログ”.東京大学 相澤・山崎研究室. 2011年11月25日閲覧


「ライフログ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Lifelog」の関連用語

Lifelogのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Lifelogのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリライフログの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライフログ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS