Ceratopogonidaeとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 害虫の種類 > Ceratopogonidaeの意味・解説 

ヌカカ

ヌカカ類 Ceratopogonidae

ヌカカ

この害虫属する群
野外吸血害虫(2) ヌカカ 
  • ヌカカ類 Ceratopogonidae
主な種類
ホシヌカカ Culicoides punctatus (Meigen)
ヌノメモグリヌカカ Culicoides nunomemoguri Kitaoka
ミヤマヌカカ Culicoides maculatus Shiraki
ニワトリヌカカ Culicoides arakawae Arakawa
イソヌカカ Culicoides circumscriptus Kieffer
トクナガクロヌカカ Leptoconops nipponensis  ほか
形態
 翅長は1~1.5mmのものが多く触角長く数珠状で、翅は透明で薄い斑紋があるものも多い。静止時は左右の翅の一部重ね、平たい。
 ホシヌカカは翅長約1.3mm、胸に斑紋があり、翅にも黒い斑紋多数ある。ヌノメモグリヌカカは翅長約0.9mm、黒い炉で翅は透明。ミヤマヌカカは翅長約1.0mm、翅に暗色の帯紋が3対ある。ニワトリヌカカは翅長約1.2mm、翅は淡暗紫色の地に透明な斑紋多数ある。トクナガクロヌカカは、翅は透明で、尾端に1対の片がある。
分布
 各種のヌカカが全国各地分布する。ホシヌカカはヨーロッパからアジア分布し、日本では全国的分布する。ヌノメモグリヌカカは本州に、ミヤマヌカカは全国に普通に分布する。ニワトリヌカカは東南アジア東アジア分布に、日本では全国分布する。トクナガクロヌカカは本州各地海岸生息する。
被害
 野外色々な環境で刺されるほか、網戸潜り抜け屋内飛来して吸血されることもある。1匹に刺されてもカほどの痒みはなく、痒み数日続くが、多く場合2~3日治癒する。しかし多数に刺されると、それだけ症状大きくなる地域によっては屋外での作業不能になったり、夜間の睡眠妨げられる。
 また、家畜家禽襲い、特にニワトリヌカカはニワトリの重要な伝染病であるロイコチトゾーン病原虫媒介する。
生態
 ヌカカは春から秋にかけて、多く家畜や人を吸血する。微小で、止まる平たくなるため衣類中にも潜り込んで吸血する。照明にも誘引され、網戸の目を容易に潜り抜けて、屋内被害にあうこともある。水田地帯ではホシヌカカなど、山間地域ではヌノメモグリヌカカ、ミヤマヌカカ、平地ではニワトリヌカカ、海岸近く住宅ではトクナガクロヌカカなど、多く種類生息している。
 ホシヌカカは本州北部6月中旬から10月下旬発生する。湿地水田などに幼虫生息し、幼虫体長4mmの線虫状で、水中遊泳する。ヌノメモグリヌカカは苗代時期発生する。ミヤマヌカカは夏から秋にかけて発生するが、幼虫水生ではなく自然状態での発生源不明である(北岡1994)。ニワトリヌカカは4~9月発生し、主に水田から発生する。
 トクナガクロヌカカは海岸近く砂中幼虫生息し、その付近吸血する(北岡1994)。イソヌカカ幼虫海岸のロックプールや潮をかぶる潟、沼等に生息する。春に産まれた卵は4~5日孵化し、幼虫期は約1年で、翌春蛹化し、2~3日羽化する(北岡1994)。

ヌカカ

(Ceratopogonidae から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/20 04:35 UTC 版)

ヌカカ(糠蚊)は、ハエ目(双翅目)・ヌカカ科 (Ceratopogonidae) に属する昆虫の総称。体長が1mm-数mmほどの小型昆虫で、一部の種類のメスはと同様に吸血動物となる。




「ヌカカ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Ceratopogonidae」の関連用語

Ceratopogonidaeのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヤケヤスデ

アシダカグモ

イガサムライコマユバチ

アカムシユスリカ

有翅チャタテムシ

ガガンボ

イッスンムカデ

カクムネヒラタムシ





Ceratopogonidaeのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2017 IKARI CORPORATION All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヌカカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS