被災者生活再建支援制度とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 被災者生活再建支援制度の意味・解説 

被災者生活再建支援制度


被災者生活再建支援制度(ひさいしゃせいかつさいけんしえんせいど)

災害被災者に対し100万円を限度支給する限度

自然災害自宅全壊したり、6ヶ月上の避難生活が強いられる場合には、一世帯あたり100万円を限度として、申請により支援金受給できる制度がある。

被災者は、洗濯機電子レンジなど生活必需品経費として、一律70万円受給できる。その他の「特別経費」については最高30万円受給できる。1998年11月施行された被災者生活再建支援法に基づく。

被災者生活再建支援法は、国庫から半額補助を受け、各県が支給するものだ。ただし、一定規模上の自然災害に限られていて、全壊世帯が1市町村10以上、都道府県100以上などの条件がある。

2000年では、東京都三宅島災害愛知県東海地方豪雨災害鳥取西部地震災害などについて、災者生活再建支援法の対象地域指定された。

その他、避難中の生活に関する法律には災害救助法がある。同法では、被災対象地域について、都道府県知事避難所設置炊出し衣服寝具など生活必需品供与、などの措置講じる被災状況によっては応急仮設住宅仮設住宅設置する。)

(2000.08.13更新



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「被災者生活再建支援制度」の関連用語

被災者生活再建支援制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



被災者生活再建支援制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS