薬剤耐性検査とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 検査 > 薬剤耐性検査の意味・解説 

薬剤耐性検査

Drug Resistance Testing

【概要】 薬剤耐性であることを試験管内証明する検査逆転写酵素領域でも、プロテアーゼ領域でも、(1)遺伝子配列に異常が生じ、これによってできあがる酵素の(2)立体構造変化が生じ、この酵素阻害すべき(3)薬剤がうまく反応できなくなって耐性となる。(1)を調べるのが「遺伝子型検査」でPCR産物シーケンサーにかける。(3)を調べるのが「表現型検査」で、培養細胞抗HIV薬加えて抑制力の有無程度(IC50)をみる。組み換え遺伝子マーカー遺伝子とともにモデル細胞導入し、薬剤濃度を変えながら培養して、マーカー発現抑制程度定量化する方法もある。 

【詳しく】 遺伝子型検査あくまでも耐性推定である。結果早くわかり、再現性もよい。複数の異常が加わると解釈難しく耐性推定には経験知識が必要である。定性的量的感覚が掴めない。これに対し表現型検査細菌検査感受性検査に似てわかりやすい時間経費がかかる。どちらの検査主流となったHIV分析しているのであり、少数派HIV見逃している可能性が高い。

《参照》 薬剤耐性表現型耐性検査遺伝子型耐性検査




薬剤耐性検査と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薬剤耐性検査」の関連用語

薬剤耐性検査のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



薬剤耐性検査のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2020, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center

©2020 Weblio RSS