薬剤耐性検査の意義とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > エイズ用語 > 薬剤耐性検査の意義の意味・解説 

薬剤耐性検査の意義

Signicicance of Resistance Test

【概要】 治療前の感染者では薬剤耐性がない野生型HIVがほとんどである。しかし最近は5%ぐらい臨床的な薬剤耐性HIVがみつかるようになった。治療前の検査結果で、どの薬剤を選ぶべきでないかがわかる。3ヶ月上治療をしてもHIV RNA検出できる患者では、ウイルス学的な治療失敗例である。薬剤耐性検査結果参考に、残す薬剤変更すべき薬剤選択するときに役立ち、専門家経験より良い結果与えるという研究結果がある。 

【詳しく】 薬剤中止後の耐性検査はあまり時間おかない検査すべきである数ヶ月以内耐性変異HIV劣勢になり、まるで耐性HIV消えたように見える。同じ薬剤再開したら同じ耐性変異をもったHIV再出現する。  中にはHIV RNA量が増えてもCD4数、つまり免疫能が回復してくる患者もある。残っている耐性HIV複製能が低く病原性少ないのかも知れないので悩ましい。また薬剤耐性データは、針刺し事故時に受傷者が薬剤を選ぶときにも参考になる。 

【URL】http://idsc.nih.go.jp/iasr/25/293/dj2934.html

《参照》 薬剤耐性



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

薬剤耐性検査の意義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



薬剤耐性検査の意義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2020, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center

©2020 Weblio RSS