着るとは?

きる【着る/著る】

[動カ上一][文][カ上一]

衣類などを身につける。からだ全体または上半身まといつける着用する。「着物きる」「上着きる

物事自分の身に引き受ける。

㋐(「…をきる」の形で)身に負う。かぶる。「ひとの罪をきる

㋑(「…にきる」の形で)相手行為ありがたく受ける。こうむる。「恩にきる

[補説] 「きる」は本来、衣服などを身につける意で、着物以外に袴(はかま)・笠・烏帽子・兜(かぶと)・布団・刀などについても用いられた。現代では主としてからだ全体上半身着用するものをいい、袴やズボンなどは「はく」、帽子や笠などは「かぶる」、刀などは「おびる」というように、どの部分につけるかによって異なる語が用いられる。


きる【着・著】

〔他カ上一〕 (身体に何かをつける意)

身につける身にまとう着用する。

(イ) 上半身または体全体をおおう衣服の類を身につける

古事記(712)下・歌謡「白妙の 袖岐(キ)備ふ

*竹取(9C末‐10C初)「今はとてあまの羽衣きる折ぞ君を哀と思ひ出でける」

(ロ) 下半身につける衣類をはく。

宇津保(970‐999頃)あて宮「うへの袴をかへざまにき、片しに足二つさしいれて」

(ハ) 頭部をおおう笠の類をかぶる。かずく。

万葉(8C後)三・三七四ふらば盖(き)むと思へる笠の山人にな盖(き)せそぬれは漬(ひ)つとも」

自分の身に受ける。身に負うこうむる

御伽草子猿源氏草紙室町末)「又いなと申せば、人の怨みをきるといひ」

人情本春色梅児誉美(1832‐33)初「とはいふものの、おれもまアくやしい難をきたじゃアねへか」

③ (①より転じて) あるものでおおう。

ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉三「を着た山々てっぺん紫色に煙り、海の涯(はて)は青く(もや)がかってゐた」

酒を飲む

随筆秉穂録(1795‐99)一「研北雑志に席琰嘗謂人曰、貧者酒為衣と。今賤き人のことばに、酒のむ事を、きるといふに同じ」

[語誌]もと、広く頭から下半身まで、帽子・笠や衣服・袴類をつけることをいった。室町時代から江戸時代には、「かぶる」「かづく」「はく」が次第に「きる」の領域侵すようになり、明治時代には、帽子や笠は専ら「かぶる」、袴は「はく」を用いることが多くなるなど、「きる」は次第にその使用領域狭めてきた。


かる【着・著】

〔動〕 「けり(着)」の連体形「ける」の変化した上代東国方言語形。着ている。身に着けている。

万葉(8C後)二〇・四四三一小竹のさやぐ霜夜七重加流(カル)衣に益せる子ろが膚はも」


着る

大阪弁 訳語 解説
着る かぶる 笠をかぶる、は、笠を着る、と言う。逆は、笠を脱ぐ。


着る

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:02 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. きる 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「着る」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||


着るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



着るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの着る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS