熱貫流率とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 空調用語 > 熱貫流率の意味・解説 

ねつかんりゅうりつ 熱貫流率 coefficient of overall heat transmission

固体壁の一面高温流体(気体または液体)、他面低温流体が接して いると、固体壁を通して高温流体から低温流体へ熱の移動が行われる。 この現象熱貫流といいその程度を表す係数をいう。「熱通過率ということ もある。この率は流体壁面との間の熱伝達率及び壁体内熱伝導率との間に 一定の関係がある。(kcal/h℃)

熱貫流率

熱エネルギーが壁や窓ガラス通して温度の高い空間から低い空間へ伝わる現象熱貫流と呼ぶ。そのときに熱の伝わりやすさを表す数値が「熱貫流率」。面積あたり1時間あたりどれくらい(何キロカロリー)の熱が流れるかを表す。この数字小さいほど、熱を逃がしにくく暖房のききやすい冬暖かガラスといえる

低音域共鳴透過現象(熱貫流率)

複層ガラスのように2の板が中空を介して二重構造となる場合、2の板が2つの質量となり、また中空層の空気がそれらをつなぐバネとなって振動する共振現象が起こる。このとき、透過損失質量則よりも低くなり、遮音性能低下する。この現象は、一般に低音域で生じるので、低音域共鳴透過現象と呼ばれる

断熱性能(熱貫流率)

断熱性能は、熱貫流率または熱貫流抵抗(熱貫流率の逆数)によって評価される。
熱貫流率は室内外の温度差によってガラス窓通過貫流)する熱量大きさを表す。熱貫流率は小さいほど、熱貫流抵抗大きいほど断熱性に優れている
単板ガラス比べて、複層ガラスLow-E複層ガラス真空ガラススペーシアなどは断熱性能が高い。

熱貫流率(K値またはU値)

壁などの部位部材の熱の伝わり易さを示す数値単位は、W/(㎡・K)。値が小さいほど断熱性能が高い。 算出方法については、住宅金融公庫の各共通仕様書付録)や「住宅次世代エネルギー基準指針 (建築環境・省エネルギー機構)」に詳しい。

熱貫流率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/03 04:08 UTC 版)

熱貫流率(ねつかんりゅうりつ)とは、壁体などを介した2流体間で熱移動が生じる際、その熱の伝えやすさを表す数値である。 屋根天井外壁玄関ドア土間などの各部の熱貫流率はU値として表される。 U値の概念は一般的なものであるが、U値は様々な単位系で表される。しかしほとんどの国ではU値は以下のSI単位系で表される。熱貫流率はまた、熱通過率、総括伝熱係数などと呼ばれることもある。


  1. ^ Field investigations of the thermal performance (U-values) of construction elements as built [1]
  2. ^ 公益社団法人 空気調和・衛生工学会『試して学ぶ熱負荷HASPEE〜新最大熱負荷計算法〜』p.39
  3. ^ Thermal conductivity of some common materials and gases


「熱貫流率」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「熱貫流率」の関連用語

熱貫流率のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



熱貫流率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子日本板硝子
(C) 2020 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2020 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熱貫流率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS