可変抵抗とは? わかりやすく解説

可変抵抗器

(可変抵抗 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/15 15:05 UTC 版)

可変抵抗器とは抵抗値を変更することができる抵抗器のこと。直線状または円周上に形成された抵抗体の上を可動する金属接点(可動接点)があり、抵抗体の両端子と可動接点との間で抵抗値の変更を可能にする。




「可変抵抗器」の続きの解説一覧

可変抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/10 07:13 UTC 版)

ポテンショメータ」の記事における「可変抵抗」の解説

ボリューム音量)の調整用など、頻繁に抵抗値変えたい用途使われる抵抗で、Cの字型状や線分状のむきだしの抵抗体摺動子またはワイパー呼ばれる部分スライドする接点)から構成される日本ではバリオームないしはボリューム呼ばれることも多い。略号VRvariable resistor)。 回転角度と抵抗値特性カーブにはA/B/Cの三種類がある。人間聴覚特性に合わせて音量調整用には特にA型ボリューム使用される抵抗器2段3段重ねられている「2連~3連ボリューム」や回転軸内外2軸になっており二重つまみで別々に調整できる「2重ボリューム」がある。ステレオ左右音量調整する用途用いられている。通信工業測定機器精密機器用には外気遮断されモールド型のものが使用されるが、試作品安価な民生用には抵抗体保護する簡易な金属缶で覆っただけのものが用いられる回転軸には一般につまみを装着して使用されるが、単なる丸棒であったり切り欠きがついていたり、スリ割りとローレット切ってあったり、また長さも用途によってまちまちである回転軸パネル装着用のネジ切られ軸受け間には高粘度グリス塗布されており、この粘度が軸の回転トルク決定している。半固定抵抗用途使用される場合にはマイナスのドライバー回転できるよう軸上面に溝が切ってあるだけのものもある。電源スイッチ組み込まれているものもあり回転左端スイッチが入るもの、押しボタンスイッチ組み込まれたものなどがある。近年携帯機器への組み込み需要基板直付けなど)からより小化し、かつ信頼性に勝る製品登場して旧来の形態より面目一新見られている

※この「可変抵抗」の解説は、「ポテンショメータ」の解説の一部です。
「可変抵抗」を含む「ポテンショメータ」の記事については、「ポテンショメータ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「可変抵抗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「可変抵抗」の関連用語

可変抵抗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



可変抵抗のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの可変抵抗器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのポテンショメータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS