ラ・セードとは?

Weblio 辞書 > 自動車・バイク > 自動車(光岡自動車) > ラ・セードの意味・解説 

ラ・セード

ラ・セード
   

 全長/全幅/全高 5230×1880×1270mm
 ホイールベース 3424mm
 トレッド 前/後 1580/1570mm
 最低地上高 120mm
 車輌重量 1352kg
 乗車定員  4名
 最小回転半径 6.3m
 エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC
 シリンダー内径×行程 86.0×86.0
 総排気量 1998cc
 圧縮比 10.0
 最高出力 160/6400
 最大トルク 19.2/4800
 燃料供給装置 電子制御燃料噴射
 使用燃料・タンク容量  無鉛レギュラーガソリン42
 変速比 第1速  2.785
 変速比 第2速  1.545
 変速比 第3速  1.000
 変速比 第4速  0.694
 変速比 後退  2.272
 最終減速比  4.083
 ステアリングギヤ形式  パワーアシストラック&ピニオン
 懸架方式 前/後  ストラット式/マルチリンク式
 ブレーキ 前/後  ベンチレートディスク式/ディスク
 使用燃料・タンク容量  無鉛レギュラーガソリン42
 駆動方式  後輪駆動
 主ブレーキ 前/後  ベンチレートディスク式/リーディングトレーリング式
 タイヤサイズ 前/後 195/65R15 91S 
 ホイール 15×6.5J(オフセット-5)専用アルミロードホイール 
ボンネットフロントフェンダー、リヤトランク、サイドステップFRP(ハンドレイアップ製法)で造形しております

光岡・ラセード

(ラ・セード から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 04:20 UTC 版)

ラセードLe-Seyde )とは、光岡自動車が発売していたクラシック風クーペ型のスペシャルティカーである。




  1. ^ シルビアのモノコックはフロントストラットより前を切断し加工延長している。また延長フレームはシルビアのフレームに接合され、更にリアタイヤ付近までフロア補強が加えられている。
  2. ^ シルビアのエンジンメンバーはサスペンションメンバーを兼ねている為、延長フレームに取り付けられたメンバーにエンジンが載る形となっている。
  3. ^ 但し、シルビアには車台番号がある為、車検証上は前者の扱いとなっている


「光岡・ラセード」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラ・セード」の関連用語

ラ・セードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
自動車メーカー一覧
光岡自動車の車種一覧



ラ・セードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
光岡自動車光岡自動車
Copyright 2020 All right reserved.Mitsuoka Motor Co., Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光岡・ラセード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS