ミクロラプトル・グイとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ミクロラプトル・グイの意味・解説 

ミクロラプトル

(ミクロラプトル・グイ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/28 01:55 UTC 版)

ミクロラプトル学名Microraptor、「小さな泥棒」の意)は、中生代前期白亜紀アジアに生息した、ドロマエオサウルス科に属する獣脚類恐竜[1]。主に樹上棲の動物であり、四肢の鋭利な鉤爪は枝や幹に留まる際に役立ったと推察されている[1]


  1. ^ a b c d e f g 『世界の巨大恐竜博2006 生命と環境─進化のふしぎ』長谷川善和ケネス・カーペンター董枝明徐星 監修、日本経済新聞社NHKNHKプロモーション日経ナショナルジオグラフィック社、2006年、107頁。 
  2. ^ a b 松田眞由美『語源が分かる恐竜学名辞典』小林快次、藤原慎一 監修、北隆館、2017年1月20日、360頁。ISBN 978-4-8326-0734-7 
  3. ^ a b c d e f g h i j k グレゴリー・ポール 著、東洋一、今井拓哉、河部壮一郎、柴田正輝、関谷透、服部創紀 訳『グレゴリー・ポール恐竜事典 原著第2版』東洋一、今井拓哉 監訳、共立出版、2020年8月31日、159頁。ISBN 978-4-320-04738-9 
  4. ^ 日経サイエンス編集部 編『地球を支配した恐竜と巨大生物たち』日経サイエンス社〈別冊日経サイエンス〉、2004年、61頁。ISBN 4-7973-3547-5 
  5. ^ 『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』新潮社、2018年。 [要ページ番号]
  6. ^ 玉虫色の輝き、ミクロラプトルの羽毛”. 日経ナショナルジオグラフィック社 (2012年3月9日). 2023年11月30日閲覧。


「ミクロラプトル」の続きの解説一覧

ミクロラプトル・グイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 01:03 UTC 版)

アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの」の記事における「ミクロラプトル・グイ」の解説

ティラノサウルスの餌にされかける。

※この「ミクロラプトル・グイ」の解説は、「アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの」の解説の一部です。
「ミクロラプトル・グイ」を含む「アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの」の記事については、「アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの」の概要を参照ください。


ミクロラプトル・グイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 02:11 UTC 版)

ミクロラプトル」の記事における「ミクロラプトル・グイ」の解説

2003年記載されたミクロラプトル・グイ Microraptor gui中国語: 顧氏小盜龍、Gùshì xiǎodàolóng (クーシー・シァオタオロン)、こししょうとうりゅう)の化石には、発達した羽毛保存されていた。ミクロラプトル・グイと現在の鳥類とのもっとも異なる点は、前肢のみならず後肢にも発達した飛行用の羽毛を持つことである。どのようにしてこの後羽毛発達したのかは定かではないが、羽毛形態現生鳥類風切羽同様の左右非対称になっていることから、この動物実際に飛行できた可能性が高いと考えられている。 前後の4の羽を水平に広げて使用したという復元と、大腿骨頭がほぼ90°に折れ曲がって関節窩はまり込むという恐竜一般的な股関節形状から、左右方向自由度は低いとして後肢垂直尾翼状、あるいは複葉機状だったとする復元がある。 ミクロラプトル発見後、すでに知られていた鳥類化石再調査が行われている。その結果始祖鳥にも後肢に羽があった可能性報告されている。 電子顕微鏡用いてメラノソーム現生鳥類比較した結果ミクロラプトルの羽は玉虫色光沢があったことが判明したこうした構造色現代鳥類でも確認されている。 なお、ミクロラプトル・ザオイアヌスとミクロラプトル・グイは同種であるとする見解もある。

※この「ミクロラプトル・グイ」の解説は、「ミクロラプトル」の解説の一部です。
「ミクロラプトル・グイ」を含む「ミクロラプトル」の記事については、「ミクロラプトル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ミクロラプトル・グイ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミクロラプトル・グイ」の関連用語

ミクロラプトル・グイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミクロラプトル・グイのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミクロラプトル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアイス・エイジ3/ティラノのおとしもの (改訂履歴)、ミクロラプトル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS