マゴットセラピーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > セラピー > マゴットセラピーの意味・解説 

マゴットセラピー

別名:マゴット治療蛆虫療法うじ虫療法ウジ虫療法
英語:maggot therapyMaggot Debridement therapy

壊疽起こし潰瘍にマゴット(ハエ幼虫)を這わせ、壊死した組織を食べさせることで、治療促進する両方糖尿病性の壊疽などに対して有効な治療法一つとして注目されている

(マゴット)は腐肉を餌とする性質持ち、正常組織は食べないため、潰瘍上の不要組織効率的除去することができる。食べ方として、たんぱく質酵素壊死組織を溶かして吸うという形をとるが、この酵素によって正常組織殺菌抗菌作用もたらされる組織表面を無数のマゴットが這うことが細胞刺激し、組織再生促す効果もあるといわれている。

マゴットには、無菌状態で飼育された清潔な使用される。数日にわたり壊死細胞を食べた後、になろうとする。その手前で傷口から除去して新しいマゴットに取替え治療継続する。

マゴットセラピーは古くら行われてきた療法でもあるが、近年になって欧米中心にその効果再評価されつつある。日本でも2011年現在は保険外診療対象であるが、「ジャパンマゴット治療教育研究推進協会」などがマゴットセラピーの普及促進活動やマゴットの融通を行っており、治療を受けることが可能である。

マゴットセラピー

マゴットセラピー(ウジ壊死切除治療(MDT)、 幼虫治療(larval therapy, larvae therapy)として知られる)は、壊死組織だけを選択的切除掃除)させるために、わざと無菌のウジヒト動物皮膚柔らかい組織導入する生物学治療法バイオセラピー)である。

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


マゴットセラピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/06 07:12 UTC 版)

マゴットセラピー: Maggot therapy)は、ハエ幼虫である(マゴット、Maggot)の食性を利用して壊死組織を除去する治療法。デブリードマンの一種。Maggot debridement therapy (MDT) やマゴット療法などと呼ばれる事もある。


  1. ^ a b c 三井秀也 et al., p. 443.
  2. ^ a b c 三井秀也 et al., p. 444.
  3. ^ For FDA, maggots are a kind of device - The Boston Globe”. Boston Globe Media Partners (2005年8月26日). 2014年8月18日閲覧。
  4. ^ 三井秀也 et al., p. 445.
  5. ^ 三井秀也 et al., p. 448.
  6. ^ 三井秀也 et al., pp. 448-449.
  7. ^ マゴットセラピー ~ウジを使った創傷治療~ (PDF)”. 奄美徳洲会グループ. 2014年8月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月18日閲覧。
  8. ^ 吉田由美、増子寛子、曾我奈美子、馬場寛子「マゴットセラピーを受けた患者の心理面における変化 -ボディイメージの混乱を来した一症例を通して- (PDF) 」 『厚生連医誌』第17巻第1号、JA新潟県厚生農業協同組合連合会、 55頁、 全国書誌番号:001121162014年8月18日閲覧。


「マゴットセラピー」の続きの解説一覧



マゴットセラピーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マゴットセラピー」の関連用語

マゴットセラピーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マゴットセラピーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマゴットセラピー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS