ボタンアオサとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 藻類 > ボタンアオサの意味・解説 

ボタンアオサ Ulva conglobata Kjellman

アオサ目 アオサ科 (Ulvales Ulvaceae)
生育場所
ボタンアオサ 生態写真
生育場所
高潮線付近から潮間帯中上部の岩上
分   布
本州太平洋中・南部九州南西諸島
タイプ産地
横浜五島天草
ボタンアオサ 生標本写真
(生標本写真)
ボタンアオサ 生標本写真2
(生標本写真2)
ボタンアオサ 生標本写真
(生標本写真3)
ボタンアオサ 拡げた写真
分離して拡げた写真)
ボタンアオサ 表面観写真
縁辺部表面観写真)
ボタンアオサ 横断切片写真
横断切片写真・中部

からだは膜質で多数葉片密集全体は不規則半球塊状となる。ときに,岩上を覆うほどの群落形成する。それぞれの部裂片は不規則に波打ち,形も様々となるが,孔は無い。縁辺には顕微鏡的鋸歯は持たない。横断切片では外側細胞壁いくらか厚くなった細胞が二層になっているのが見られる。また,からだの中部付近の切片では日本藻類図譜中でも記されているように,同位置でありながら大きさ等しく異な細胞によりそれぞれの層が形成さているのが見られる参照日本藻類図譜 第百六十図版 7図)。手触り乾いたようなカサカサした感じであり,粘質を持たず,ペラペラ柔らかいが,基部付近は固さを感じる程に丈夫となる。生体鮮緑色から緑色押し葉標本台紙付かない

大きさ:2~4cm

ただし,ボタンアオサは分枝系統学的にアナアオサ区別付かないとの報告もあり,今後分類学的な再検討がされる種であると思われる

【このページ文章はまだ校閲校正をしておりませんので今後大きく変更される事があります参考としてご覧下さいまた、引用つきましてはご遠慮願います。】

ボタンアオサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/06 18:46 UTC 版)

ボタンアオサUlva conglobata)は、アオサ藻綱アオサ科に属するの1種である。済州島[2]青島[3]横浜[4]などで分布の報告がある。


  1. ^ Kjellman, F.R. (1897), “Marina chlorophyceer från Japan.”, Bihang til Kongliga Svenska Vetenskaps-Akademiens Handlingar. Afd. III, 23, p. 10-14, http://images.algaebase.org/pdf/59CCEF5F18e7b2EFFBGqV17F2024/Japanese_Green_Algae.pdf 
  2. ^ "Ulva conglobata" (PDF).
  3. ^ Wenjun, Mao; Xiaoxue, Zang; Yi, Li; Huijuan, Zhang (February 1, 2006).
  4. ^ M.D. Guiry (March 7, 1998).
  5. ^ "Ulva conglobata Kjellman, 1897"
  6. ^ 岡村金太郎、1918、『日本藻類図譜』
  7. ^ 平岡雅規・嶌田 智、大野正夫(編)、2004、「アオサ類・アオノリ類」、『有用海藻誌』、内田老鶴圃 p. 596
  8. ^ Da-Qing Jina; Chol Seung Lima; Jin-Young Sunga; Han Gil Choib; Ilho Haa; Jung-Soo Han (2006). “Ulva conglobata, a marine algae, has neuroprotective and anti-inflammatory effects in murine hippocampal and microglial cells”. Neuroscience Letters 402 (1-2): 154-158. doi:10.1016/j.neulet.2006.03.068. 


「ボタンアオサ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ボタンアオサ」の関連用語

1
32% |||||

2
6% |||||

ボタンアオサのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スジイバラノリ

アサミドリシオグサ

カザシグサ

イバラノリ

シリオミドロ

ヒゲミル

コメノリ

カジメ





ボタンアオサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
海藻海草標本図鑑海藻海草標本図鑑
Copyright (C) 2017 千葉大学海洋バイオシステム研究センター 銚子実験場 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボタンアオサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS