チートデイとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > チートデイの意味・解説 

チートデイ

英語:cheat day

チートデイとは、ダイエットトレーニング中に計画的に摂取カロリー増やす日のことである。主に、食事制限運動によるストレス軽減し継続的なダイエットトレーニングサポートする目的行われる。チートデイには、リフィードデイという別の名称存在し、これは主に炭水化物摂取量増やすことを指す。

チートデイの効果は、リープトインホルモンの分泌促進基礎代謝の向上、筋肉回復成長促すことである。また、心理的なストレスの軽減食事制限による栄養素の不足を補う効果もある。ただし、チートデイを適切に実施しないと、摂取カロリー過剰になり、ダイエットトレーニング効果損なわれる可能性がある。

チートデイの実施方法は、週に1回程度好きな食べ物食べることが一般的である。ただし、適切な摂取カロリー超えないように注意することが重要である。また、チートデイには、炭水化物脂質タンパク質などのバランス考慮した食事摂取することが望ましい。

チートデイを効果的に活用するためには、以下のポイント注意することが推奨される。まず、チートデイの頻度適切に設定することが重要である。週に1回程度目安であり、頻度が高すぎるとダイエットトレーニング効果損なわれる次に、チートデイの食事内容バランスよく摂取することが望ましい。炭水化物脂質タンパク質などの栄養素適切に摂取することで、筋肉回復成長基礎代謝の向上が期待できる最後に、チートデイの摂取カロリー適切に管理することが重要である。過剰な摂取カロリーは、ダイエットトレーニング効果損な原因となるため、注意が必要である。

チートデイは、ダイエットトレーニング取り組む際の有効な手段であるが、適切な実施方法注意点理解し効果的に活用することが重要である。

チートデイ

別表記:チートデー
英語:cheat day

「チートデイ」とは、ダイエットなどを目的食事制限をしている期間中モチベーション維持のために好きなものを自由に食べる特別の日を設けダイエット手法のことを意味する表現

食事制限ダイエット促進するために効果的といえるが、食事制限続けていると栄養不足しがちになり、体や脳が飢餓状態に備えようとして、基礎代謝引き下げるといった体質変化起こすこのためいわゆる減量中の停滞期生じる。チートデイを設けて定期的にしっかり食事をとることで、体や脳に「飢餓状態に適応しなくてもよい」ことが伝わるため、停滞期打破しやすくなるという。

なお、「チートデイ(cheat day)」という呼び名語源は、一般的には、「減量抵抗しようとする脳を騙す(cheat)日(day)」という意味と解釈されている。

チートデイの直後体重多少増加転じることになるが、停滞期突破して減量しやすくなるため、全期間通じたダイエット効率上がりやすい。また定期的に好きなものを好きなだけ食べてOK」とすることで、食事制限鬱憤緩和開放されダイエット挫折せずに完遂しやすくなる効果期待できる。ただし、もちろんチートデイをまめに実施しすぎれば本末転倒ダイエット失敗になる。

チートデイのやり方タイミングは、特に厳密に決まっているわけではないが、一般的には半月1日または1月1回間隔で、糖分糖質)を中心に十分に摂取することが推奨されている。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チートデイ」の関連用語

チートデイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チートデイのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS