カイモトリプシンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > トリプシン > カイモトリプシンの意味・解説 

キモトリプシン

(カイモトリプシン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/24 13:54 UTC 版)

キモトリプシンカイモトリプシン、chymotrypsin, EC.3.4.21.1・EC.3.4.21.2)はエンドペプチダーゼセリンプロテアーゼの一種である。膵液に含まれる消化酵素の一種で、芳香族アミノ酸のカルボキシル基側のペプチド結合加水分解する。


[ヘルプ]
  1. ^ a b グレゴリー・ペツコ英語版、[[:Petsko Gregory:{{{5}}}|petsko gregory版]]); Ringe, Dagmar (2009). Protein Structure and Function. オックスフォード: オックスフォード大学出版局. pp. 78–79. ISBN 978-0-19-955684-7. 


「キモトリプシン」の続きの解説一覧



カイモトリプシンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カイモトリプシン」の関連用語

カイモトリプシンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カイモトリプシンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキモトリプシン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS