アトバコンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > アトバコンの意味・解説 

アトバクオン

分子式C22H19ClO3
その他の名称:566C80、3-Hydroxy-2-[4β-(4-chlorophenyl)cyclohexan-1α-yl]naphthalene-1,4-dione、アトバクオン、Atovaquone、アトバコン、566C-80
体系名:3-ヒドロキシ-2-[4β-(4-クロロフェニル)シクロヘキサン-1α-イル]ナフタレン-1,4-ジオン


アトバコン

Atovaquone ,Mepron

【概要】 アトバコンは一般名化学名はNaphthoquinone、商品名メプロン発売ウェルカム社。250mg/錠、189錠/瓶と750mg/5mLの液剤日本には導入予定がなく、エイズ治療薬研究班から入手する。 

効能ST合剤服用困難例あるいは無効例で、軽症ないし中等症のニューモシスチス肺炎対す二次選択ニューモシスチス肺炎以外ではトキソプラズマ脳症ミクロスポリジウム症検討中老人妊婦授乳婦では勧められない。 

用法用量】1回3錠1日3回(1回750mgを1日3回)食直前または食直後服用21日間。 

【副作用】発疹悪心嘔吐下痢発熱不眠肝機能障害。 

薬物相互作用リファンピシンフルコナゾール併用すると、アトバコンの血中濃度下げる。

《参照》 ニューモシスチス肺炎トキソプラズマ脳症希少医薬品エイズ治療薬研究班


アトバコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/11 21:03 UTC 版)

アトバコン(AtovaquoneまたはAtavaquone)はナフトキノン誘導体に属する化合物であり、ニューモシスチス肺炎の治療や予防に使われるほか、プログアニルとの合剤はマラリアの治療にも用いられる。商品名サムチレールユビキノンの類縁物質であり、ミトコンドリア内膜チトクロームbへのユビキノンの結合を阻害し、抗真菌効果を発揮する。


  1. ^ a b サムチレール内用懸濁液15% 添付文書” (2016年1月). 2016年6月14日閲覧。
  2. ^ a b マラロン小児用配合錠/マラロン配合錠 添付文書” (2016年4月). 2016年6月14日閲覧。
  3. ^ “Comparison of atovaquone (566C80) with trimethoprim-sulfamethoxazole to treat Pneumocystis carinii pneumonia in patients with AIDS”. N. Engl. J. Med. 328 (21): 1521–7. (May 1993). doi:10.1056/NEJM199305273282103. PMID 8479489. http://content.nejm.org/cgi/pmidlookup?view=short&pmid=8479489&promo=ONFLNS19. 
  4. ^ “Oral atovaquone compared with intravenous pentamidine for Pneumocystis carinii pneumonia in patients with AIDS. Atovaquone Study Group”. Ann. Intern. Med. 121 (3): 174–80. (August 1994). doi:10.7326/0003-4819-121-3-199408010-00003. PMID 7880228. http://www.annals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=7880228. 
  5. ^ “Efficacy of atovaquone combined with clindamycin against murine infection with a cystogenic (Me49) strain of Toxoplasma gondii”. J. Antimicrob. Chemother. 50 (6): 981–7. (December 2002). doi:10.1093/jac/dkf251. PMID 12461021. http://jac.oxfordjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=12461021. 
  6. ^ Malarone: New Malaria Medication With Fewer Side-effects
  7. ^ “Evidence of Plasmodium falciparum malaria resistant to atovaquone and proguanil hydrochloride: case reports”. BMJ 326 (7390): 628–9. (March 2003). doi:10.1136/bmj.326.7390.628. PMC 151974. PMID 12649236. http://bmj.com/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=12649236. 
  8. ^ “Atovaquone and azithromycin for the treatment of babesiosis”. N. Engl. J. Med. 343 (20): 1454–8. (November 2000). doi:10.1056/NEJM200011163432004. PMID 11078770. http://content.nejm.org/cgi/content/full/343/20/1454. 
  9. ^ サムチレール内用懸濁液15% インタビューフォーム (PDF)” (2016年3月). 2016年6月14日閲覧。
  10. ^ Kessl JJ, Lange BB, Merbitz-Zahradnik T, Zwicker K, Hill P, Meunier B et al. (2003). “Molecular basis for atovaquone binding to the cytochrome bc1 complex.”. J Biol Chem 278 (33): 31312-8. doi:10.1074/jbc.M304042200. PMID 12791689. http://www.jbc.org/content/278/33/31312.full. 


「アトバコン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アトバコン」の関連用語

アトバコンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アトバコンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアトバコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS