チトクロームとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > チトクローム > チトクロームの意味・解説 

シトクロム

(チトクローム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/17 16:29 UTC 版)

シトクロム: cytochrome[1][2], cyt、: Zytochrom, Cytochrom[3])は、酸化還元機能を持つヘム鉄を含有する、ヘムタンパク質の一種である。1886年にMacMunnによって存在が指摘され、1925年デーヴィッド・ケイリン によるウマ寄生するヒツジバエ科ウマバエ幼虫を用いた研究によって酸化還元機能を持ち好気呼吸に重要な役割を持つことが実証された。




「シトクロム」の続きの解説一覧



チトクロームと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チトクローム」の関連用語

チトクロームのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チトクロームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシトクロム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS