アサカとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > アサカの意味・解説 

あさか【朝霞】

埼玉県南部の市。もと川越街道膝折(ひざおり)宿として栄えた。第二次大戦後住宅都市として発展自衛隊駐屯地がある。人口132010)。


あさか【安積】


あさか【安積/浅香】

福島県郡山市地域名古く郡山盆地大部分占め地域をさし、阿尺(あさか)国と称した。大化の改新後、陸奥(むつ)の一部となり、のち岩代(いわしろ)に属した。


朝香【アサカ】(草花類)

登録番号 第12719号
登録年月日 2005年 2月 7日
農林水産植物の種類 はす
登録品種の名称及びその読み 朝香
 よみ:アサカ
品種登録の有効期限 20 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 榎本輝彦
品種登録者の住所 茨城県土浦市手野町2994番地の3
登録品種の育成をした者の氏名 榎本輝彦
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、「白玉」の自然交雑種子から選抜して育成されたものであり、花は中型花弁は白の地色アントシアニン先端濃く分布する観賞用のはすである。大きさは30~49葉柄長は5099、とげは中である。花頭数は1、花の大きさは中、花弁地色は白、アントシアニン有無は有、濃淡は濃、分布はつま紅、条線程度明瞭花弁の形は中、先端の形は尖、ねじれは無、完全花弁数は15~24不完全花弁数は無、雄ずいの数は200399雌ずいの形は正常、花たく上面の形は円、開花早晩は中である。「舞妃」及び「酔妃」と比較して、花弁アントシアニンが濃いこと、花弁条線明瞭であること等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、平成11年育成者のほ場(茨城県土浦市)において、「白玉」の自然交雑種子をは種し、その実生の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し、14年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。



安積

読み方:アサカ(asaka

所在 福島県郡山市


浅香

読み方:アサカ(asaka

所在 栃木県大田原市


浅香

読み方:アサカ(asaka

所在 大阪府大阪市住吉区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

朝霞

読み方:アサカ(asaka

所在 埼玉県(東武鉄道東上本線)


浅香

読み方:アサカ(asaka

所在 大阪府(JR阪和線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

アサカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 08:11 UTC 版)

アサカ(あさか)




「アサカ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アサカ」の関連用語

アサカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アサカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアサカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS