アクセスタイムとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > アクセスタイムの意味・解説 

アクセス‐タイム【access time】

コンピューター記憶装置データ呼び出し、または書き込み命令してから、その動作完了するまでにかかる時間


アクセスタイム

別名:アクセス時間
【英】access time

アクセスタイムとは、メモリハードディスクなどの記憶装置CPUとの間でデータやり取り要する時間のことである。

例えメモリなら、CPU信号メモリー応答するまでの遅延時間がアクセスタイムとなる。また、ハードディスクなどの記憶装置なら、ヘッド移動要するシークタイムと、ディスク回転要するサーチタイム、データ転送要するデータトランスファタイムなどの合計時間がアクセスタイムとなる。

アクセスタイムは記憶装置性能を表す際に用いられ、同種の記憶装置であれば値が小さいものほど高性能(処理が速いということになる。

半導体メモリのほかの用語一覧
ROM:  ROM  UV-EPROM
メモリ:  Alderwood  アクセスタイム  アドレス空間  アドレス長  アロケーション


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アクセスタイム」の関連用語

アクセスタイムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アクセスタイムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアクセスタイムの記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS