《口唇》の正しい読み方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 《口唇》の正しい読み方の意味・解説 

《口唇》の正しい読み方

「口唇」の正しい読み方

口唇」の正し読み方は、「こうしん」である。「口」は、音読みでは「こう」「く」と読む。訓読みは「くち」である。「唇」は音読みでは「しん」、訓読みでは「くちびる」となる。

「口唇」の意味解説

口唇」の意味は、「くちびる」である。哺乳類の口周辺にある器官のことを指す。「口唇」は文章に使う文語であり、医学関連論文など硬い文章を書くときに用いることも多い。

なぜ「口唇」と読むのか・理由

口唇」は、音読みするため「こうしん」である。

「口唇」の類語・用例・例文

口唇」の類語は、「唇」である。用例としては島崎藤村の「旧主人」の中に旦那様少許震えて、穴の開く程奥様の御顔を熟視ますと、奥様口唇に微な嘲笑見て、他の事を考えおいでなさるようでした」の一文見られるダニエル・デフォーの「ヴィール夫人の亡霊」は、「ほとんどお互い口唇口唇とが触れ合うまでになったが、手で眼をこすりながら『わたしは病気ですから』と言って接吻をこばんだ」のように訳されている

北大路魯山人の「河豚毒魚か」の文章中にはいずれにしても、肉を生身で食うのが一番美味いのだから、素人は皮だの腸だのは食わなくてもよい。しかし、頭肉、口唇、雄白子美味いから、ちりにして味わうべきだ」がある。小説中に見られる口唇」には、軒並みくちびる」のふりがなが振られている

例文としては「口唇とは唇のことで、特に文章に用いる語である」などがある。「リップクリームは、保湿して口唇荒れを防ぐために利用する軟膏剤である」という使い方もできる。

「口唇」の英語用例・例文

口唇」の英語は「lip」である。書き言葉話し言葉があるのは日本語特徴であり、英語では書き言葉話し言葉区別はない。訳すときには医学論文などの硬い文章であれば口唇」が適切である。用例としては特許庁文書中に、「To obtain a new cosmetic for lips capable of improving the skinned lips or roughened lips by massaging effects and used for enhancing the metabolism of the lips.」(マッサージ効果により、皮むけした口唇荒れ口唇改善し、口唇新陳代謝高めるために使用される新規口唇化粧料提供すること)がある。同じく特許庁文書見られる用例では「To obtain a composition for lips excellent in cosmetic retention and improved in covering feelings on lips.」(化粧持ち優れとともに口唇上の被膜感が改善された口唇合成成分提供する)もある。

例文としては「You should always use lip balm to prevent rough lips.」(口唇荒れを防ぐには、常時リップクリームを使う必要がある)などのように使うことができる。「Cheilitis causes inflammation of the entire lip, which may be accompanied by peeling of the epidermis and itching.」(口唇炎になると口唇全体炎症がおき、表皮剥離掻痒を伴うこともある)などのように使うことも可能だ。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

《口唇》の正しい読み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《口唇》の正しい読み方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS