expressとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > expressの意味・解説 

エクスプレス

分類:人工衛星
名称:自立帰還型無人宇宙実験システム「エクスプレス」(EXPRESS)
小分類:技術開発・試験衛星
開発機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/ドイツ宇宙機関(DARA)
運用機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/ドイツ宇宙機関(DARA)
打ち上げ年月日:1995年1月15日
運用停止年月日:1995年1月15日
打ち上げ国名機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3SII
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)

最後ミュー3型ロケットとなったM-3SIIにより打ち上げられたエクスプレスは、ドイツ航空宇宙機構(DARA)がロシア依頼して製造した再利用可能な回収カプセルで、初の日独共同宇宙プロジェクトとして5回程度実験をおこなう予定でした。第1回実験として1995年1月15日内之浦から打ち上げられたエクスプレスは、地球周回軌道上で5日間にわたり材料実験をおこなった後、21日オーストラリア南部ウーメラ付近砂漠で回収されることになっていました。しかし、第1段切り離し後に異常振動発生予定より高い軌道に乗った後、地球を2周して行方不明になりました。振動原因重量過多で、当初太平洋上に落下水没したもの考えられていましたが、1995年12月アフリカガーナからカプセル発見の報が入り1996年1月DARA関係者がエクスプレスであることを確認、後に回収されています。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
直径約1m、高さ約2.3mのカプセル型で、重量は約765kg。

2.どんな目的使用されるの?
地球周回軌道上の微小重力環境で、新し石油精製触媒作る実験予定していました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
わずか2周で地球へ落下したため材料実験成果はありませんでしたが、カプセルが無事発見されたことにより、大気圏突入時の耐熱試験には成功しています。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
日本宇宙実験衛星としては1995年3月H-IIロケット打ち上げられたSFU(宇宙実験・観測フリーフライヤ)が知られていますが、これは地球へ再突入するカプセルではなくスペースシャトルによって回収されています。

5.どのように地球を回るの?
高度210kmの長円軌道予定でした。

参考文献:大澤弘之・監修日本ロケット物語三田出版会発行斎藤成文・著「日本宇宙開発物語三田出版会発行山中龍夫的川泰宣・著「宇宙開発おはなし日本規格協会発行


エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/30 06:03 UTC 版)

(express から転送)

エクスプレスは、英語の「速い」を意味する“express”から来た語。もともとの意味は「表に現す」「表現する」であり、英語ではそちらの意味で使用されることも多い。語源はラテン語で「外に押し出す」を意味する“expressus”であり、ドリップコーヒーに比べ抽出時間が早いコーヒーのことをさすイタリア語エスプレッソ (espresso) と同じ語源である。エキスプレスと表記する場合もある。




「エクスプレス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「express」の関連用語

expressのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

電磁波の種類

初期小型試験ロケット時代

のぞみ

NGC598

マーズ・グローバル・サーベイヤー

宇宙食

木星探査

月と人類のかかわり





expressのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエクスプレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS