統合開発環境とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 統合開発環境の意味・解説 

統合開発環境

読み方とうごうかいはつかんきょう
別名:IDEIntegrated Development Environment

統合開発環境とは、ソフトウェア開発において用いられるエディタコンパイラリンカデバッガ、その他の支援ツールなどを統合統一化した開発環境のことである。

ソフトウェア開発する場合一般的には、作業の各段階に応じて複数ソフトウェア使用される。プログラムソースコード編集するためのテキストエディタ、そのソースコードからオブジェクトコード生成するためのコンパイラオブジェクトコードからターゲットCPU向けの実行コード生成するリンカ作成済みプログラムバグ検出するためのデバッガ、その他、変数の参照場所を一覧表示させるようなプログラミング支援機能など、多種多様ツールも用いられる。このようなツール群を一括して提供する開発環境が統合開発環境と呼ばれる

統合開発環境には、ソフトウェア開発に必要な最低限ツールがすべて含まれているため、統合開発環境を導入すれば、すぐに開発作業取り掛かることができる。また、機能操作感統一されており、機能間の連携も取られているため、効率化が図られるというメリットもある。

UNIXなどにおける伝統的コマンドライン入力環境でも、個別ツール連携させた開発環境はあるが、多く場合、統合開発環境はWindowsなどの上GUI中心とした動作前提されている。コマンドライン入力では、操作対象文字指定するため、細かい開発補助機能を用いることは煩雑となりやすいが、GUIの統合開発環境上では、気軽に実行できることが多い。例としては、コードヒントや自動補完変数の参照一覧、ヘルプによるライブラリ情報表示クロスリファレンスバグ発生時の原因表示などがある。

Windows向けアプリケーション開発用の統合開発環境の主な製品として、MicrosoftVisual Studio挙げることができる。Visual Studioでは、.NET Frameworkベースとして、Visual BasicC++C#などのプログラミング言語によって開発が可能である。

Java中心としたプログラミング言語を扱う統合開発環境としては、オープンソースで提供されているEclipse著名である。Eclipseは、もともとIBMによって商用製品として提供されており、後にオープンソースプロジェクトに寄贈された経緯を持つ。Javaメインとする開発環境であるが、C言語C++PHPといった、Java以外のプログラミング言語開発環境として用いることもできる。また、Java向けの統合開発環境としては、Sun Microsystemsが提供しているNetBeansJBuilderなどもよく用いられている。

ソフトウェアのほかの用語一覧
プログラミング:  ディスアセンブル  デコンパイラ  デコンパイル  統合開発環境  WPF/E
機能:  アドイン  アドオン

統合開発環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/25 08:19 UTC 版)

統合開発環境(とうごうかいはつかんきょう)、IDE (Integrated Development Environment) は、ソフトウェアの開発環境。






「統合開発環境」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

統合開発環境に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「統合開発環境」の関連用語

統合開発環境のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

新型MacBook Air

Phenom

Lumia 1020

Microsoft Arc Keyboard

SDHC

Moto X

SH-01E Vivienne Westwood

オフライン作業





統合開発環境のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ統合開発環境の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの統合開発環境 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS