ソフトウェア開発方法論とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ソフトウェア開発方法論の意味・解説 

ソフトウェア開発方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/18 17:35 UTC 版)

ソフトウェア開発方法論またはシステム開発方法論は、ソフトウェア工学におけるフレームワークであり、情報システム開発工程を構造化し、計画し、制御するのに使われる。SDM(software development methodology または system development methodology)と略記される。




  1. ^ a b Geoffrey Elliott (2004) Global Business Information Technology: an integrated systems approach. Pearson Education. p.87.
  2. ^ a b c d e f g h Centers for Medicare & Medicaid Services (CMS) Office of Information Service (2008). Selecting a development approach. Webarticle. United States Department of Health and Human Services (HHS). Re-validated: March 27, 2008. Retrieved 27 Oct 2008.
  3. ^ Wasserfallmodell > Entstehungskontext, Markus Rerych, Institut für Gestaltungs- und Wirkungsforschung, TU-Wien. Accessed on line November 28, 2007.
  4. ^ Barry Boehm (1996., "A Spiral Model of Software Development and Enhancement". In: ACM SIGSOFT Software Engineering Notes (ACM) 11(4):14-24, August 1986
  5. ^ Richard H. Thayer, Barry W. Boehm (1986). Tutorial: software engineering project management. Computer Society Press of the IEEE. p.130
  6. ^ Barry W. Boehm (2000). Software cost estimation with Cocomo II: Volume 1.
  7. ^ Georges Gauthier Merx & Ronald J. Norman (2006). Unified Software Engineering with Java. p.201.
  8. ^ Edward J. Barkmeyer ea (2003). Concepts for Automating Systems Integration NIST 2003.
  9. ^ a b c d Paul R. Smith & Richard Sarfaty (1993). Creating a strategic plan for configuration management using Computer Aided Software Engineering (CASE) tools. Paper For 1993 National DOE/Contractors and Facilities CAD/CAE User's Group.
  10. ^ Kuhn, D.L (1989). "Selecting and effectively using a computer aided software engineering tool". Annual Westinghouse computer symposium; 6-7 Nov 1989; Pittsburgh, PA (USA); DOE Project.
  11. ^ P. Loucopoulos and V. Karakostas (1995). System Requirements Engineering. McGraw-Hill.
  12. ^ CASE definition In: Telecom Glossary 2000. Retrieved 26 Oct 2008.
  13. ^ K. Robinson (1992). Putting the Software Engineering into CASE. New York : John Wiley and Sons Inc.
  14. ^ Xiao He (2007). "A metamodel for the notation of graphical modeling languages". In: Computer Software and Applications Conference, 2007. COMPSAC 2007 - Vol. 1. 31st Annual International, Volume 1, Issue , 24–27 July 2007, pp 219-224.


「ソフトウェア開発方法論」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ソフトウェア開発方法論に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ソフトウェア開発方法論」の関連用語

ソフトウェア開発方法論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

多連装ロケットシステム

アカタン砂防九号堰堤

柳川川下りとうなぎのせいろ蒸し

イエローストーン国立公園

イヌタデ

雁爪

しつけ糸

FACOM M-190





ソフトウェア開発方法論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソフトウェア開発方法論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS