黒部川とは?

くろべがわ -がは 【黒部川】 ◇

富山県東部流れる川。飛驒山脈中央部(わしば)岳に源を発し,北流して富山湾に注ぐ。長さ86キロメートル上・中流は深い峡谷をなし,水流落差大きく多く発電所建設されている。

黒部川

清水しょうず)湧く扇状地激流歴史刻む
黒部川は富山県富山市長野県大町市の境にある鷲羽岳にその源を発し、3000m級の山々連なる立山連峰後立山連峰の間に黒部峡谷刻みながら流れ下っていきます。山地抜けると黒部市愛本扇頂とする広大扇状地北西流下し、途中左岸黒部市右岸入善町経て富山湾に注ぐ、流域面積682km2流路延長85kmの日本屈指の急流河川です。

黒部扇状地を流れる黒部川
黒部扇状地流れる黒部川

河川概要
水系黒部川水系
河川黒部川
幹川流路延長85km
流域面積 682km2
流域内人約71千人
流域関係都県富山県

黒部川流域図
○拡大図
1.黒部川の歴史
"黒部川は全国有数急流河川であり、その激流によって侵食された土砂美し扇状地を形づくっています。かつて黒部川は扇状地縦横無尽流れ幾重にも川筋分かれていたことから、「四十八ヶ瀬」とよばれていました。現在でも、霞堤など「あばれ川」にすむ人々水害対す工夫随所見られます。"

 
黒部川のあらまし
北アルプス鷲羽岳(わしばだけ)(2,924m)を源流として富山湾(とやまわん)に向かってながれる黒部川は、我が国屈指の急流河川です。この黒部川流域日本有数年間降水量をほこり、山地部の地形が非常に急峻であるため、激しく侵食され続けました。そして、その土砂により下流域には日本一美しと言われる広大扇状地形成されました。
空から見た黒部川扇状地
空から見た黒部川扇状地
河床勾配比較図
河床勾配比較


産業支え水利
黒部川扇状地では、豊かな河川水地下水利用した米作りや酒、醤油、みそ、かまぼこ飲料水などの食品産業が盛んです。また、中上流部は急勾配水力発電適した地形であり、大正時代終わり頃から電源開発が行われました。「くろよん黒部川第四発電所黒部ダム呼び名)」に代表される発電所からの豊富な電力背景に、アルミ産業発達しました。
奴奈川姫神話
観光放流中の黒部ダム


四十八ヶ瀬(しじゅうはちかせ)・いろは川
豊かな土壌を育み、暮らし潤い与える黒部川ですが、ひとたび豪雨となると「あばれ川」と化し、多く人々苦しめてきました。改修工事が進むまでは洪水のたびに氾らんし、川筋一筋に定まらず、幾筋にも分かれ流れていたことから、「四十八ヶ瀬」または、いろは四十八文字にちなんで「いろは川」と呼ばれていました。現在も各地に残っている「両瀬(りょうせ)」「川端(かわばた)」「出島(でじま)」など、川に関する地名は、かつてその付近を川が流れていたことを物語っています。
「従加州金沢至江戸道中図」(1751~63)と松尾芭蕉が1689年によんだ歌
「 従加州金沢江戸道中図(かしゅうよりかなざわいたるえどどうちゅうず)」(1751~63)と 松尾芭蕉(まつおばしょう)が1689年によんだ歌


激しい流れに耐える旧愛本堰堤(S44.8)
激し流れ耐える愛本(あいもと)堰堤(S44.8)
黒部川が田畑を飲み込む(S44.8) ~入善町福島での破堤の様子~
黒部川が田畑飲み込む(S44.8)
入善町福島(にゅうぜんまちふくじま)での破堤の様子
2.地域の中の黒部川
"洪水や氾らんを繰り返してきた黒部川には川に関する歴史文化がいまでも根付いており、それを伝えいろいろな祭りあります。また野鳥多く訪れる「墓ノ木自然公園」や様々なスポーツ楽しめる「中ノ口緑地公園」「黒部川公園」では多くの人が川とのふれあいを楽しんでいます。"

歴史文化伝え祭り
黒部川流域住む人々は、洪水雪害にも負けず豊作長寿を願っていろいろな祭りを行ってきました。

1.愛本姫社(あいもとひめしゃ)祭り
宇奈月町下立(うなづきまちおりたて)には、「お光(みつ)と大蛇」の伝説にゆかりのある愛本姫社があります毎年6月21日には、お光大蛇婚礼行列が行われ、名物のちまきも売り出されます。愛本姫社のご神体江戸時代浮世絵師池田英泉(いけだえいせん)が描いた「花魁(おいらん)」の版画で、この版画ゴッホ模写したことで有名になりました。祭りの日には、このご神体である「花魁」を見ることが出来ます
 愛本姫社祭り(お光と大蛇の婚礼) 愛本姫社
愛本姫社(あいもとひめしゃ)祭りお光(みつ)と大蛇婚礼愛本姫社(あいもとひめしゃ)


2.愛本新用水天満宮たいまつ祭り
愛本新用水完成して、大喜びした農民が手にたいまつを持って、用水沿いに水の流れ追って走ったのが始まりです。毎年10月5日夜にワラや竹でつくった長さ8m、重さ450kgほどの大たいまつ2本に火をつけ、村落若者天満宮までかつぎます。
愛本新用水天満宮たいまつ祭り
愛本新用水天満宮(あいもとしんようすいてんまんぐう)たいまつ祭り


3. 墓ノ木(はかのき)タイマツ祭り
今から250年余り前の10月9日、黒部川の大洪水のとき堤防崩れしまいました。村人たちたくさんのたいまつを灯して、夜どおし堤防を守ったのが墓ノ木タイマツ祭り始まりです。現在、祭り10月13日変更され、水神(すいじん)様に感謝豊作と息災を願って行われています。高さ5m重さ200kgほどのたいまつ2本を「米つり歌」にあわせて新明社(しんめいしゃ)から約800m上流水神社(みずじんしゃ)まで運びます。大たいまつの前を子ども達の持つ小たいまつが群がって進みます。
 墓ノ木タイマツ祭り
墓ノ木(はかのき)タイマツ祭り
3.黒部川の自然環境
"清流でもある黒部川の回りには、扇状地にしみこんだが湧く湧水群があり、今も地域にくらす人々の生活と密着しています。自然環境では、洪水で石だらけになった河原好んで生息する「アキグミ」や水のきれいなところだけにすむ「トミヨ」など、急流清流の黒部川に適応した生き物見られます。"

清流黒部川
黒部川は全国でも有数清流で、「清流ランキング」でも常に上位位置しています。また、扇状地扇端部(せんたんぶ)には「全国名水百選」に選ばれた湧水群(ゆうすいぐん)があり、自然に湧き出る湧水のほか、井戸などから自噴する地下水見られます。特に黒部市海岸部生地(いくじ)地区多く見られ地元では「清水しょうず)」と呼ばれています。これを利用した共同洗い場が今も残っていて、町内の人が管理利用しています。
生地の共同洗い場:清水庵の清水
生地(いくじ)の共同洗い場清水庵(しみずあん)の清水(しょうず)


黒部峡谷(くろべきょうこく)
黒部峡谷長い年月をかけ、黒部川の激し流れによって削られて出来た深いV字峡谷です。峡谷には美しい自然が残っており、白竜峡(はくりゅうきょう)、十字峡(じゅうじきょう)、S字狭(えすじきょう)、奥鐘山(おくかねやま)、飛峡(さるとびきょう)などが国の特別名勝特別天然記念物指定されています。この美しい峡谷を楽しむために、毎年たくさんの人が黒部峡谷鉄道トロッコ電車)に乗り、この地を訪れます。
後曳橋をわたるトロッコ電車
後曳(あとひきばし)をわたるトロッコ電車
S字狭
S字狭(えすじきょう):
黒部川がS字流れています。
猿飛峡
飛峡(さるとびきょう):
サル飛び越えられるほど、黒部川で最も川幅が狭いところです。
4.黒部川の主な災害

発生発生原因被災市町村被害状況
昭和9年7月12日梅雨前線黒部市宇奈月町死者7名、負傷者133人、家屋流出35戸、倒半壊116戸、床上浸水755
昭和27年7月1日 梅雨前線黒部市宇奈月町死者8名、行方不明4名、家屋被害5,700戸、田畑24,000ha
昭和44年8月11日 梅雨前線入善町宇奈月町家屋流出全壊7戸、半壊床上浸水436戸、床下浸水410戸、氾濫面積1,050ha

激流挑む -黒部川直轄改修60年あゆみ- より

流出する直前の権蔵橋(S9.7.12洪水)激流にさらされる愛本堰堤(S27.7.1洪水)
流出する直前権蔵(ごんぞうばし )(S9.7.12洪水激流さらされる愛本堰堤(あいもとえんてい)(S27.7.1洪水
濁流が押し寄せた後の宇奈月町愛本地先(S44.8.11洪水)破堤により国道8号を越える濁流(S44.8.11洪水)
濁流押し寄せた後の宇奈月町愛本地先
(S44.8.11洪水
破堤により国道8号越え濁流
(S44.8.11洪水
ピストル型水制による洪水制御(黒部川R9.0k) (S44.8.11洪水)
ピストル水制による洪水制御(黒部川R9.0k)
(S44.8.11洪水

(注:この情報2008年2月現在のものです)

黒部川

読み方:クロベガワ(kurobegawa)

所在 千葉県

水系 利根川水系

等級 1級


黒部川

読み方:クロベガワ(kurobegawa)

所在 富山県

水系 黒部川水系

等級 1級


黒部川

読み方:クロベガワ(kurobegawa)

所在 京都府

水系 竹野川水系


黒部川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/07 13:52 UTC 版)

黒部川(くろべがわ)は、富山県東部を流れる一級河川。黒部川水系の本川である。




  1. ^ 北日本新聞『立山・黒部 世界へ発信』
  2. ^ 他に大型扇状地として那須野が原扇状地(4万ha)、胆沢扇状地(2万ha)などがある。
  3. ^ 宇奈月町史編纂委員会編 『宇奈月町史』 宇奈月町、1969年、p574,p592。
  4. ^ 「大山町史」第6章 交通・通信の発達 p544 大山町史編纂委員会編 1964年発行
  5. ^ この発電所を最後に電力開発事業は終了している。なお、柳川発電所で使われた水車等が展示されている。
  6. ^ 新潮社『高熱隧道』


「黒部川」の続きの解説一覧





黒部川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「黒部川」の関連用語

黒部川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

桂川

石狩川

阿賀野川

嘉瀬川

小矢部川

天竜川

長良川

肱川





黒部川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒部川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS