サルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > サルの意味・解説 

獼猴

読み方:サル(saru

ヒト以外の霊長類総称


読み方:サル(saru

中世所領所有権譲渡

別名


読み方:サル(saru

中世所領所有権譲渡を指す。

別名


読み方:サル(saru

ヒト以外の霊長類総称


獼猴

読み方:サル(saru

ヒト以外の霊長類総称


読み方:サル(saru

ヒト以外の霊長類総称


読み方:サル(saru

ヒト以外の霊長類総称


サル

名前 SalesSalleSalSallSalouSarSull

サル

読み方:さる

  1. 監督補助ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・岡山県

分類 岡山県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

サル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/03 09:12 UTC 版)

日本語におけるサル)とは、通俗的な意味ではサル目(霊長目)のうち、ヒト(古人類を含む)を除いたものの総称である。ただし、生物学的観点から見ればヒトもまた「サル」の一種に他ならない。 日本の歴史的文献においては、単に猿といえば日本固有種ニホンザルを指す場合が多い。




[ヘルプ]
  1. ^ a b ファン・フーリク, R. H. (1992), 中国のテナガザル, 東京: 博品社, pp. 39–93, ISBN 978-4-938706-04-3 
  2. ^ 「イー・モバイルCMに批判殺到 「猿」がオバマ氏連想」『産経新聞』2008年7月3日付配信
  3. ^ 一例として、武術の陰流では、夢の中に神が猿の姿で現れ、剣術を教えたといった伝説。
  4. ^ 今西錦司 他共著 『文化と人類』 朝日新聞社 1973年 pp.149 - 150
  5. ^ a b c 影山純夫『禅画を読む』淡交社 2011年、ISBN 9784473037268 pp.118-121
  6. ^ 出典無効*水神の話:「河童駒引」をめぐる動物考―馬・牛・猿(3)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「サル」に関係したコラム

  • 株365の手数料は

    株365を扱う証券会社では、株365の取引の際の手数料を設定しています。次の表は、2012年9月現在の株365の手数料の一覧です。業者名手数料岩井コスモ証券株式会社210円インヴァスト証券株式会社21...

  • 資産バリュー株の見つけ方

    資産バリュー株とは、企業の資産価値から見て株価の安い、いわゆる割安株のことを指します。資産バリュー株は、資産の数値だけで見つけることは困難で、資産を用いた指標などから見つけるのが一般的です。資産を用い...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サル」の関連用語

サルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鬱金桜

グリエール・プレミエクリュ

アカモク

大谷川堰堤

NS01

日吉大社

ツルハシ

キャップ





サルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS