ショウブとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 薬用植物一覧 > ショウブの意味・解説 

ショウブ

ショウブ 
科名 サトイモ科
別名: ショウブ(菖蒲)
生薬名: ハクショウ白菖)・ショウブ根菖蒲根
漢字表記 菖蒲、石菖
原産 日本 中国
用途 山地湿地帯自生する多年草根茎乾燥して、鎮痛鎮静健胃に、また浴湯料として、腹痛冷え性などに用います。葉の形状が剣に似ているところから邪気を払う意味で、端午の節句軒先にさして、ショウブ湯に入る風習が残っています。
学名: Acorus gramineus Soland
   

昌蒲

読み方:ショウブ(shoubu)

サトイモ科抽水性多年草園芸植物薬用植物

学名 Acorus calamus


菖蒲

読み方:ショウブ(shoubu)

花菖蒲別称


菖蒲

読み方:ショウブ(shoubu)

サトイモ科多年草

季節

分類 植物


勝風

読み方:ショウブ(shoubu)

所在 京都府相楽郡加茂町


塩生

読み方:ショウブ(shoubu)

所在 長野県長野市


庄府

読み方:ショウブ(shoubu)

所在 愛媛県松山市


昭府

読み方:ショウブ(shoubu)

所在 静岡県静岡市葵区


菖蒲

読み方:ショウブ(shoubu)

所在 徳島県那賀郡那賀町


菖蒲

読み方:ショウブ(shoubu)

所在 山形県上山市


菖蒲

読み方:ショウブ(shoubu)

所在 山形県西置賜郡白鷹町


菖蒲

読み方:ショウブ(shoubu)

所在 埼玉県南埼玉郡菖蒲町


菖蒲

読み方:ショウブ(shoubu)

所在 神奈川県秦野市


菖蒲

読み方:ショウブ(shoubu)

所在 鳥取県鳥取市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ショウブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/07/26 05:33 UTC 版)

ショウブ(菖蒲、Acorus calamus)は、池、川などに生える単子葉植物の一種。クロンキスト体系ではショウブ科新エングラー体系などではサトイモ科)のショウブ属に属する。ユーラシア大陸に広く分布し、日本を含め東アジアのものは変種 A. calamus var. angustatusとされる。薬草漢方薬としても用いられている。




「ショウブ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ショウブに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ショウブ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ショウブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ショウブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2014, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのショウブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS