角川春樹事務所 概要

角川春樹事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/10 16:08 UTC 版)

概要

1995年平成7年)、角川春樹角川書店(現・KADOKAWA Future Publishing)の持ち株を日本生命保険相互会社、住友銀行、三和銀行、第一勧業銀行、あさひ銀行など21社に譲り、その資金によって設立された[3]。角川春樹を社長に、顧問には作家の森村誠一と辻井喬(堤清二)、飛鳥新社社長の土井尚道、紀伊國屋書店社長の松原治、弁護士の河上和雄が就任した。出版取次用の取次コードを取得していない設立当初は、小説は飛鳥新社、堅めの本は紀伊國屋書店を通じて刊行した[4]

角川春樹は角川書店の社長時代にも、角川映画と呼ばれる映画の製作会社および芸能事務所として同名の企業を1976年昭和51年)に設立していたが、この企業は1989年(平成元年)に角川書店本体に吸収されている。1993年(平成5年)にも同名の2代目法人が角川書店本体に吸収されている(角川映画も参照)。角川春樹事務所はこれとは全くの別会社であり、KADOKAWAグループとの資本関係は存在しない。

出版事業を主業務とし、マルチメディア事業や映画・ビデオの企画制作も手がける。当初は書籍のみの出版で雑誌は手掛けていなかったが、1994年(平成6年)に資金繰りに窮した飛鳥新社からの申し出で『ポップティーン』を6億円で買い取り、雑誌へ進出した[5]

1996年(平成8年)、株式会社ハルキ・コミュニケーション(旧K&Dエンタープライズ)が、株式会社角川春樹事務所を吸収合併し、株式会社角川春樹事務所に商号変更。

2005年(平成17年)3月、映画『男たちの大和/YAMATO』の製作費捻出のために、角川春樹が自身の持ち分78.3%のうち30%の株式を遊興機械メーカー・フィールズに売却した。フィールズとは業務提携も結んでいる[6][7]

2020年令和2年)1月、KeyHolderと共同で合弁会社(子会社)株式会社ホールワールドメディアを設立[8]

2021年(令和3年)6月、株式会社フォーサイドと資本業務提携を締結し[2]、同日株式会社モビぶっく(現・株式会社ポップティーン)との「Popteen」事業の事業譲渡契約及び、株式会社フォーサイドとの株式会社ホールワールドメディアの株式譲渡契約を締結した[9]


  1. ^ a b c d e f 2022年8月期決算書
  2. ^ a b 株式会社角川春樹事務所との資本業務提携に関するお知らせ”. PR TIMES. 2021年6月26日閲覧。
  3. ^ 「映画トピックジャーナル」『キネマ旬報』1996年4月上旬号 p170-p171
  4. ^ 「角川春樹事務所を設立し出版や映画事業を再開へ 顧問には森村誠一、堤清二やヤメ検の河上和雄まで」『噂の真相』1995年6月号、p.9
  5. ^ 角川春樹『わが闘争 不良青年は世界を目指す』イースト・プレス、2005年、pp.173、195
  6. ^ 会社沿革 フィールズについて フィールズ公式サイト
  7. ^ 角川春樹『わが闘争 不良青年は世界を目指す』イースト・プレス、2005年、pp.198、214
  8. ^ Key Holderは角川春樹事務所と共同で合弁会社を設立”. 財経新聞 (2019年12月26日). 2020年4月4日閲覧。
  9. ^ 当社連結子会社における事業譲受及び株式会社ホールワールドメディアの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ”. PR TIMES. 2021年6月26日閲覧。
  10. ^ 月刊ポップティーン休刊 新設ウェブ誌へ移行”. 産経ニュース (2023年2月1日). 2023年2月2日閲覧。


「角川春樹事務所」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「角川春樹事務所」の関連用語

角川春樹事務所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



角川春樹事務所のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの角川春樹事務所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS