発明 芸術における発明

発明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/01 14:17 UTC 版)

芸術における発明

芸術の歴史は長い発明の歴史でもある。発明的思考は芸術的創造力の重要な部分を担ってきた。芸術における発明で特許を取得できるものもあるが、多くの場合は特許法における「発明」の要件を満たさないため、特許を取得できない。

美術・デザイン・建築

絵は脳で描くものであって、手で描くものではない

ミケランジェロ[22]

美術は何度も再発明されてきた。発明家でもあった芸術家、建築家は数多くいる。彼らは、未知を探究し、壁を乗り越え、旧来の慣習を捨て、新たな領域へと到達するような創造を行ってきた。20世紀になると従来のルールを打ち破ることが最も価値のあることとされるようになり、概念的革新が賞賛され、新たなジャンルを生み出すようになった。20世紀になって初めて、有形の個々の美術品よりも美術品の中のアイデアが重視されるようになった。芸術家は歴史上常に発明を行ってきたと見なすことができ、発明が美術や他の分野に重要な貢献をしてきた。

ピカソのような芸術家は作品を制作する過程で発明家となる。発明と芸術作品は別物という芸術家としてレオナルド・ダ・ヴィンチがいる[13]。美術における発明には、それに先立つ科学技術の発展を利用したものもある。例えばピカソとフリオ・ゴンザレスは溶接技術を使った新たな彫刻を発明し、コンピュータによってコンピュータアートなどの新たな芸術形態が生まれ、写真映画の発明も新たな芸術形態を生み出した。溶接による彫刻のように、芸術における発明は新たな媒体あるいは新たな芸術形態、あるいはその両方という場合もある。例えば、ピカソの発明したコラージュマルセル・デュシャンの発明したレディ・メイドアレクサンダー・カルダーの発明したモビールロバート・ラウシェンバーグの発明したコンバイン・ペインティング、フランク・ステラの発明した立体的絵画、エドワード・マイブリッジ[23]が発明したとされる映画などがある。作品の新たな制作法を開発するという形で芸術を再発明することも行われてきた。例えばジャクソン・ポロックは全く新しい絵画制作技法を発明し、キャンバスを床に置いてそこに絵の具をたらしたり、注いだり、はね散らしたりする新たな抽象画を発明した。ピカソとブラックが発明したキュビスムのように[24]、新たな芸術運動は複数の人が協力して生み出した発明品といえる。芸術やデザインや建築におけるかなりの発明は、道具の発明や改良によって可能になった。例えば、印象派絵画が生まれるには、屋外で気軽に絵を描ける絵の具の金属チューブへの封入という発明が必要だった。芸術における発明は他の用途に発展することもあり、例えばアレクサンダー・カルダーのモビールはベビーベッドの上に吊るして使われるようになっている。芸術・デザイン・建築における発明の特許から得られた資金で、発明や他の創造的仕事の実現をサポートすることもある。フレデリク・バルトルディ自由の女神像の特許を1879年に取得し、その小型のレプリカの製造販売からライセンス料を徴収してニューヨークの自由の女神像を立てる資金の一部とした[25]

他の芸術家、デザイナー、建築家で発明家でもある人物としては、フィリッポ・ブルネッレスキル・コルビュジエナウム・ガボルイス・カムフォート・ティファニーバックミンスター・フラーウォルト・ディズニーマン・レイイヴ・クラインイオ・ミン・ペイヘレン・フランケンサーラーらがいる。中には特許化された発明もある。特許の要件を満たさない発明もあり、特にデュシャンのレディ・メイドのように従来の技法との明確な違いを示せない場合がそれにあたる。抽象絵画油彩インスタレーションといった発明は発明者が不明であり、当然ながら特許化されなかった。また、ピカソはコラージュの発明者だとされているが、西洋以外の文化にはもっと以前から同様の技法が存在した。

特許取得可能な美術関連の発明は、新たな素材・媒体・イメージ・制作法を使ったものや斬新なデザインのもの、あるいはそれらの組み合わせである。フィリッポ・ブルネッレスキ、ルイス・カムフォート・ティファニー、ウォルト・ディズニーといった人々は芸術関連の特許を取得した。イヴ・クラインは International Klein Blue という色を発明して1960年に特許を取得し、2年後に自身の彫刻作品に使用した。ケネス・スネルソンも自身の作品で必須な発明の特許を取得した。バックミンスター・フラーの有名なジオデシック・ドームは彼の28の特許の1つでカバーされている。照明デザイナーのインゴ・マウラーも作品に関する発明について一連の特許を取得している。IDEO社ではデザイナーの作品について多くの特許を取得している。デザイン上の発明は、アメリカではデザイン特許という特許の一種として保護する(日本では意匠権として意匠法で保護する)。

音楽

文学

演劇・芸能

記憶力が衰え、自信がなくなり、創造力 (invention) がなくなってきた。私にとってはほとんどおしまいといってよい。

ポール・ニューマン俳優引退の際の言[30]

マーサ・グレアムなど多くのアーティストの作品が発明的とされている[31]

  • 紀元前450年 - ソプロンがミモス(パントマイムの原型)を発明
  • 1597年 - ヤコポ・ペーリ(イタリアの音楽家)がオペラを発明(『ダフネ』)
  • 1780年 - セバスティアーノ・カレッソ(スペインの舞踏家)がボレロ舞踏を発明
  • 1833年 - トーマス・ダートマス・ライスがミンストレル・ショーを発明
  • 1880年ごろ - アルゼンチンでアフリカ/インド/スペインの舞踏や音楽からタンゴが発明される。
  • 1922年 - ニューヨーク州スケネクタディのラジオ局WGYでラジオドラマの形式が確立[26]
  • 1993年 - マイケル・ジャクソンらが、重心以上に身体を傾けることができる特殊な靴のシステムを発明し特許を取得(米国特許番号 5,255,452)

  1. ^ Artificial Mythologies: A Guide to Cultural Invention by Craig J. Saper (1997); Review of Artificial Mythologies. A Guide to Cultural Invention, Kirsten Ostherr (1998)
  2. ^ 参考文献:志村幸雄『誰が本当の発明者か』講談社
  3. ^ a b 小林 聡「江戸時代における発明・創作と権利保護」 パテント2008 Vol.61 No.5、2020年6月10日閲覧。
  4. ^ The Lemelson Center's website, Invention at Play: Inventors' Stories, http://www.inventionatplay.org/inventors_main.html ; and Juice: The Creative Fuel That Drives World-Class Inventors (2004), p.14-15 by Evan I. Schwartz.
  5. ^ Einstein: A Life by Denis Brian p.159 (1996)
  6. ^ Nobelprize.org, The Nobel Prize in Chemistry 2000
  7. ^ 特許を検索すれば無数の実例が容易に見つかる。例えば http://patft.uspto.gov/netahtml/PTO/search-bool.html
  8. ^ Forks, Phonographs, and Hot Air Balloons: A Field Guide to Inventive Thinking p. 8 (1992), by Robert J. Weber, also from Juice: The Creative Fuel That Drives World-Class Inventors, p. 13 (2004) by Evan I. Schwartz
  9. ^ The Inventor's Notebook by Fred Grissom and David Pressman (2005); Leonardo da Vinci: Artist, Scientist, Inventor by Simona Cremante (2005), http://memory.loc.gov/ammem/collections/jefferson_papers/; http://www.alberteinstein.info/about/
  10. ^ http://www.uspto.gov/web/offices/pac/mpep/documents/0200_201_08.htm
  11. ^ White, Lynn: The Invention of the Parachute, Technology and Culture, Vol. 9, No. 3, (Jul., 1968), pp. 462-467
  12. ^ See US Patent #5,461,114 and D11,023 as well as Leonardo da Vinci: Artist, Scientist, Inventor by Simona Cremante (2005)
  13. ^ a b Leonardo da Vinci: Artist, Scientist, Inventor by Simona Cremante (2005)
  14. ^ Patent It Yourself by David Pressman (2000), particularly section 9/2, as a specific example refer to 1879, F. Auguste Bartholdi U.S. Patent D11,023
  15. ^ Invention at Play: Inventors' Stories at the Smithsonian Institution's Lemelson Center for Invention and Innovation
  16. ^ Juice: The Creative Fuel That Drives World-Class Inventors (2004) by Evan I. Schwartz (download an interview with this author about his book at http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=4244179)
  17. ^ Notebooks of the Mind: Explorations of Thinking (1985) by Vera John-Steiner
  18. ^ American Heritage.com article "How Did the Heroic Inventors Do It?" by Thomas P. Hughes
  19. ^ History of Plastics and Plastic Packaging Products — Polyethylene, Polypropylene, and More
  20. ^ Detailed Guide To All Plastics Processes, British Plastics Federation
  21. ^ Plastics Historical Society
  22. ^ Finding quotations was never this easy
  23. ^ http://www.encyclopedia.com/topic/Eadweard_Muybridge.aspx#1E1-Muybridg, and see http://www.britannica.com/EBchecked/topic/399928/Eadweard-Muybridge
  24. ^ Picasso and the Invention of Cubism by Pepe Karmel (2003)
  25. ^ 1879, F. Auguste Bartholdi U.S. Patent D11,023
  26. ^ a b c d e Patenting Art and Entertainment by Gregory Aharonian and Richard Stim
  27. ^ http://www.timelineindex.com/content/view/1477
  28. ^ The History of the Tuba
  29. ^ http://120years.net/machines/moog/
  30. ^ http://www.boston.com/news/globe/living/articles/2007/05/26/newman_says_hes_done_with_acting/ Newman says he's done with acting
  31. ^ Creating Minds: An Anatomy of Creativity Seen Through the Lives of Freud, Einstein, Picasso, Stravinsky, Eliot, Graham, and Gandhi by Howard Gardner (1993)
  32. ^ Inventors Assistance League
  33. ^ License Your Invention by Richard Stim (2002)
  34. ^ InventorSpot
  35. ^ United Inventors Association
  36. ^ The Inventor's Bible: How to Market and License Your Brilliant Ideas by Ronald Louis Docie (2004)
  37. ^ Diffusion of Innovations, 5th Edition by Everett Rogers (2003)
  38. ^ Les lois de l'imitation Gabriel Tarde (1890)


「発明」の続きの解説一覧




発明と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発明」の関連用語

発明のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発明のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS